『ソーセージ・パーティー』監督、アニメ版アダムス・ファミリー制作へ

『ソーセージ・パーティー』監督、アニメ版アダムス・ファミリー制作へ

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2017/10/13
No image

あの音楽は使用されるのかしら…… - 画像は実写映画『アダムス・ファミリー2』 - Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ソーセージを主人公とするアニメながらアメリカでヒットし、日本でも話題になった『ソーセージ・パーティー』の監督コンラッド・ヴァーノンが、劇場アニメ版「アダムス・ファミリー」を手掛けることが明らかになった。The Hollywood Reporter が報じている。

「アダムス・ファミリー」のアニメ映画化企画は、映画スタジオのMGMが進行中。2013年から企画は報じられていたが、ようやくチームを率いる監督が据えられることになったようだ。ヴァーノン監督はプロデューサーとしても就任するようで、ゲイル・バーマン(テレビドラマ「バフィー~恋する十字架~」など)やアレックス・シュワルツ(映画『80デイズ』など)らと共に製作するとのこと。

脚本は『ティム・バートンのコープス・ブライド』のパメラ・ペトラーが執筆したものを、『ドクター・ドリトル4』のマット・リーバーマンが改訂する形になるよう。アニメーションはCGになる予定で、CG製作は Cinesite Studios が担当しているという。

チャールズ・アダムスによる1コマ漫画からスタートし、テレビドラマ&テレビアニメ化、実写映画化、ミュージカル化までされ、愛され続けている「アダムス・ファミリー」。そんな「アダムス・ファミリー」の新作を、想像を突き抜けていくお下品さで注目を浴びた『ソーセージ・パーティー』を作り上げたヴァーノン監督は、どのような作品に仕上げていくのだろうか。(編集部・井本早紀)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「マイティ・ソー」日本最速上映に宇野実彩子、PUNPEEがマーベルTで登場
「時をかける少女」幻の続編が舞台化!上白石萌歌、現役セーラー服で主演
「スパイダーマン:ホームカミング」BOXに村田雄介描き下ろしポスター
上白石萌歌、舞台「続・時をかける少女」に主演
2018年でいよいよファイナル!「アナとエルサのフローズンファンタジー」【東京ディズニーランド】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加