柴崎、スペイン1部初ゴール!バルサ相手にスーパーボレー弾

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

◇リーガ・エスパニョーラ第4節 ヘタフェ1―2バルセロナ(2017年9月16日)

ヘタフェの日本代表MF柴崎岳(25)がバルセロナを相手にスペイン1部初ゴールを決めた。開幕4試合連続で先発出場し、0―0で迎えた前半39分に先制ゴール。浮き球の落ち際を左足ダイレクトでとらえ、約20メートルのスーパーボレー弾でゴールネットを揺らした。普段クールな男が満面の笑みでガッツポーズ。地元ファンの大歓声の中、チームメートの手荒い祝福を受けた。

日本人選手がバルセロナから得点を挙げるのは、昨季最終節で2得点したエイバルMF乾貴士以来2人目。柴崎は鹿島時代に、昨年12月のクラブW杯決勝でレアル・マドリードから2ゴールを奪っており、バルセロナ、レアル・マドリードの2大クラブから得点を記録した初の日本人選手となった。

後半開始直後に左足甲付近を痛めたもようで、同9分にベンチへ退いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Jクラブから3クラブが堂々選出! 英誌「歴代ユニフォーム・ベスト50」を紹介
年俸50億円のテベスが中国サッカーを痛烈批判 「50年経っても同じレベルに達しない」
UEFA新大会「ネーションズリーグ」2018年秋開始。日本、欧州との対戦激減か
さらば青春の光、2年ぶり5回目の決勝進出!「いい加減優勝したい」と切望
メッシ1人でレアルと対等
  • このエントリーをはてなブックマークに追加