羽生結弦の現役哲学「惨めな姿は見せたくない」 露メディア「何歳まで現役?」に

羽生結弦の現役哲学「惨めな姿は見せたくない」 露メディア「何歳まで現役?」に

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/11/23
No image

SPの演技を振り返る羽生結弦(撮影・堀内翔)

「フィギュアスケート・NHK杯」(22日、真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)

男子SPが行われ、同大会3年ぶりの優勝を狙う羽生結弦(24)=ANA=は、シーズンベストに迫る109・34点をマークし首位に立った。12選手中唯一、100点を超え、91・47点で2位のケビン・エイモズ(フランス)に17・87点差をつけた。

SP後の取材ゾーンでは、残りの現役生活についての質問がとんだ。

「先日、(女子の)メドベージェワ選手が『許されるなら、38歳まで滑っていたい』と話していた。羽生さんはどうか?」-。

羽生は笑みを浮かべつつ「僕はスケートは勝つためにやっているので、やっぱり惨めな姿を見せたくない、というのがすごくあります」。その上で「自分ができるMAXの構成ができなくなったら、辞めると思う」と、現役としての“哲学”を語った。

また、会見でもその精神面での強さの秘訣を問われ「僕も人間なので、弱い時は凄く弱い。ただ、強い自分を皆さんが印象強くもっていてくださることで、常に強くなければいけないと思っている」と心の内を明かし「羽生結弦はこうだよねって、期待してくださるからこそ、強くありたい。人の何十倍もプレッシャーを感じていると思う。心すごく弱いなって思ってしまうけど、弱い自分を見せたくないと凄く思っている」と、羽生結弦が羽生結弦であるための心がけを語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生2位「出し切った」4種5本4回転...最後立てず
佐藤駿が4回転3本成功で逆転V「正直ビックリ」日本人4人目 ジュニアGPファイナル
紀平まさかの最下位発進 好調ゆえの落とし穴...昼寝失敗で精彩欠く
16歳コストルナヤが首位発進 世界最高更新「全て予定通りにできた」
ザギトワ、今季ベストで2位発進 平昌五輪女王が「ゼロからのスタート」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加