最新ランキングをチェックしよう
理研、新たなリズム時計を発見

理研、新たなリズム時計を発見

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/03/15

理化学研究所(理研)は、マウスを用いて、脈絡叢が中枢時計を司る視交叉上核よりも堅固な概日リズムを刻むことを発見したと発表した。

同成果は、理研脳科学総合研究センター精神生物学研究チームの内匠透 シニアチームリーダーらの国際共同研究グループによるもの。詳細は英国の学術誌「Nature Communications」に掲載された。

概日リズムはほぼすべての生物に存在する基本的生命現象であり、ヒトを

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
食の未来の鍵を握るのはゴキブリと○○○だった!
殺された人間の“最期の記憶”を蘇らせる技術が登場へ! マウス実験で成功、カギは遺伝子活動(最新研究)
夢の素材である「グラフェン」のシートを高品質で大量に製造する方法をMITの研究者が開発
英BBC、1万6000点以上の効果音の無償ダウンロードを許諾
京大、キウイの性別決定遺伝子を特定- 植物が性別を獲得した進化過程の解明へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加