日本公開決定!スピルバーグ×メリル・ストリープ×トム・ハンクスの強力タッグ作

日本公開決定!スピルバーグ×メリル・ストリープ×トム・ハンクスの強力タッグ作

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2017/11/14
No image

ストリープ&スピルバーグ監督&ハンクスのメイキング写真 - (C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

スティーヴン・スピルバーグ監督のもとメリル・ストリープトム・ハンクスが共演する映画「The Post(原題)」が、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』の邦題で2018年3月より日本公開されることが決定。併せて場面写真も公開となった。

本作は、国防省がベトナム戦争に関する経過や分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”を題材にした社会派ドラマ。スピルバーグが「今、撮るべき作品」として、トランプ大統領就任45日後に本作の製作を発表し、先に予定していた作品を前倒しにすることを決めて撮影を敢行したという渾身の一作だ。スピルバーグの呼びかけに応え、ストリープとハンクスという2大オスカー俳優の共演が実現した。

No image

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』劇中写真(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

映画の舞台はベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム(ストリープ)と、その部下の編集主幹ベン・ブラッドリー(ハンクス)をはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、ライバル紙であり文書の存在をスクープしたNYタイムズと時に争いながら連携し、記事を差し止めようとする政府の圧力と闘いながら、真実を世に出すべく奔走する。

脚本を新進気鋭のリズ・ハンナ、『スポットライト 世紀のスクープ』(2015)で第88回アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞したジョシュ・シンガーが担当。ジョン・ウィリアムズが音楽を手掛け、スピルバーグ作品らしい豪華布陣が集結した。(編集部・石井百合子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
長澤まさみ、高橋一生に抱かれて眠る...『嘘を愛する女』新ビジュアル
『アウトレイジ』に親子連れ多数!ジャ・ジャンクー創設の映画祭、会場作る本気ぶり(中国)
「なぜ人はスパイになるのか」映画「密偵」が答えを熱く求める。舞台は1920年代、日本統治下の韓国
「シンプルに楽しめて最高に燃える!」寺中友将&八木優樹(KEYTALK)が種村有菜とマーベルを語る
「胸アツすぎじゃない?」 小松菜奈&大泉洋で『恋は雨上がりのように』映画化に大反響!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加