13日のADR動向=円換算値で高安まちまち、キヤノン、任天堂、三菱UFJなどが堅調

13日のADR動向=円換算値で高安まちまち、キヤノン、任天堂、三菱UFJなどが堅調

  • モーニングスター
  • 更新日:2018/02/14
No image

13日のADR(米国預託証券)は、円換算値で13日の東京終値に比べ、高安まちまちだった。

円換算値で、キヤノン<7751>、任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、三住トラスト<8309>、三井住友<8316>などが堅調。一方、富士フイルム<4901>、パナソニック<6752>、京セラ<6971>、KDDI<9433>、ファーストリテ<9983>などは軟調だった。(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
一夜にして5千万円近くが消失、“恐怖指数”金融商品の恐怖
税理士に頼まず確定申告、数年後に突然、税務調査で多額追徴課税!
すごいデザインだ...... 光岡自動車から新型オープンカー「ヒミコ」登場、461万円から
大塚家具、資金ショート危機でちらつく「最終局面」...人材流出、荒唐無稽な成長戦略
100年乗っても大丈夫!? 爆撃機B-52はなぜこれほど長寿命なのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加