日産、「GT-R」の2018年モデルを発売

日産、「GT-R」の2018年モデルを発売

  • autoblog
  • 更新日:2017/11/18
No image

【ギャラリー】Nissan GT-R MY20183

日産は16日、スーパースポーツ「GT-R」とそのさらなる高性能版「GT-R NISMO」の2018年モデルを発表。同日より販売開始した。

No image

2007年の発売以来、毎年この時期になると改良が施されてモデルイヤーを重ね、気が付けば既に10年が経過したR35型日産 GT-R。発表によれば、2018年モデルでは、これまで「GT-R NISMO」と「GT-R Premium edition」に標準設定されていた「国土交通省認可 サッチャム欧州カテゴリーⅡ準拠 車両防盗システム」が、全グレードに標準装備されたこと、そして車載インフォテインメント・システムが、iPhoneを接続して様々なアプリを使うことができる「Apple CarPlay」に対応したことの2点のみ。2017年モデルで大規模なマイナーチェンジがあったこともあり、10周年とはいえ、走行性能面の向上などは、今回はないようだ。世界に誇る高性能車なのに"完成検査不備"で世に出た車両があることが発覚したばかりの今は、なるべく控え目にしてやり過ごそうということかもしれないが。

消費税込み価格は、上述の車両防盗システムが装備されたモデルのみ27万円ほど値上げされ、「GT-R Pure edition」でも1,023万840円からと、ついに全グレードが1,000万円を超えた。

■関連リンク

日産 WEBカタログ

NISSAN GT-R

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/gt-r.html

NISSAN GT-R NISMO

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/gt-r/nismo.html

■関連記事

・日産、「NISSAN GT-R」 2017年モデルを日本初披露!

・【試乗記】日産 GT-R 、歴代初めて女性にも乗って欲しくなるくらいのエレガントな仕上がり:今井優杏

・【短評】マイナーチェンジを受けた日産「GT-R」に試乗 スーパーカーでピッツァを買いに行く

■関連動画

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Google、中国にアジア初となる人工知能研究センターを設立
「家電批評」デスクが選ぶベストバイデジモノは、“じゃないほう”のスマートウォッチ!【自慢の家電ランキング】
スマホを顕微鏡に変えるレンズセット「BLIPS」が日本に上陸
HANSMARE、豊富な収納ポケットを装備したスライド式マルチケースを発売
50型4Kで4万9800円の液晶テレビが本日発売。直下型LEDパネルや低遅延モード搭載、メイン基板は日本製
  • このエントリーをはてなブックマークに追加