「ホクサイと飯さえあれば」の鈴木小波、額から金魚溢れる男を描く読み切り

「ホクサイと飯さえあれば」の鈴木小波、額から金魚溢れる男を描く読み切り

  • ナタリー
  • 更新日:2017/08/12

「ホクサイと飯さえあれば」などで知られる鈴木小波の読み切り「金魚はじめました」が、本日8月12日発売のゲッサン9月号(小学館)に掲載されている。

No image

鈴木小波「金魚はじめました」カット (c)鈴木小波/小学館

すべての写真を見る(全3枚)

「金魚はじめました」は、念願だった自分のパン屋を営む24歳の三雲と、額から金魚が溢れる大家を描いた物語。なかなかパンが売れない日々を送る三雲は、家賃収入で優雅に暮らす大家に少しの不満が募っていて……。不器用ながらも距離を縮める、2人の交流が綴られる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小嶋陽菜とたんぽぽ川村が“完全に一致”
SPEED・上原多香子より前から無期限休業状態だった!? “月9女優”西内まりやの現状がヤバすぎ!
ガチでヤバい奴......トレンディエンジェル・たかしの「セクハラ」が犯罪レベル!
ピース綾部、報じられない深刻な現状
ゆうきゆう先生「もしも「性欲」がなくなったら、こんな世界になります」 ツイートに反響
  • このエントリーをはてなブックマークに追加