JR九州、雪で各地の路線乱れる

  • 西日本新聞
  • 更新日:2018/01/12

JR九州によると、12日午前9時21分現在、九州各地の路線は雪害のためダイヤが乱れている。

日豊線では、築城駅で雪による踏切確認を行っている影響で、一部列車に30分から10分程度の遅延が発生。特急「ソニック号」も遅れた。

11日からの降雪の影響で、長崎線旧線の大草―長与間、及び、豊肥線の宮地―豊後荻間は、始発列車から徐行規制。また、高速道路の通行止めの影響で「B&Sみやざき号」は、始発から運転を見合わせている。各路線の状況は以下のとおり。

●長崎線(上下線)運休及び遅延
【遅延:諫早 から 長崎】

●長崎線旧線(上下線)運休及び遅延
【遅延:喜々津 から 浦上】

●佐世保線(上下線)遅れが発生
【遅延:早岐 から 佐世保】

●大村線(上下線)遅れが発生
【遅延:早岐 から 諫早】

●豊肥本線(上下線)遅れが発生
【遅延:阿蘇 から 大分】

●日豊線(上下線)遅れが発生
【遅延:小倉 から 大分】

●鹿児島線(下り線)遅れが発生
【遅延:小倉 から 博多】

=2018/01/12 西日本新聞=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東急ハンズが「ハンズに来ている場合ではありません」 大雪で「なかなか言えない」ツイート
【寒波】最後にもう1度だけ言うけど、来週  “とんでもないこと” が起こります / 月曜が合図で、そのあと終わりが来ます
少女が歩道橋から飛び降り 脅され妹の身代わりに
小田急の「明日のことはとても考えられる状況にない」コメントが名言すぎると絶賛
雪かきで「お湯はダメ」助言が続々 本当?除雪の「プロ」の意外な見解
  • このエントリーをはてなブックマークに追加