ニオイ対策もバッチリ!スタミナ満点のニンニクで冬を乗り切ろう

ニオイ対策もバッチリ!スタミナ満点のニンニクで冬を乗り切ろう

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/06

今年もそれなりの賑わいを見せたハロウィンだったが、このイベント特有のコスプレといえばホラー系のコスチュームだろう。中でもドラキュラやパンバイアはハロウィンの独特のコスプレだが、吸血鬼の本家・ルーマニアからはこの日を安全に過ごすための特別なフードアイテムが提供されていたのだ。

No image

■KFCルーマニアのガーリックソースでドラキュラ退治!?

ファストフードチェーンでは手を替え品を替えたキャンペーンや新商品などでユーザーを惹きつけているが、昨今はその手段もますます斬新かつユニークなものになっている。

ドラキュラ伝説発祥の地・ルーマニアのケンタッキーフライドチキン(KFC Romania)は、ハロウィンの時期に合わせて同社のオリジナルソースの存在を世界に向けて情報発信していたのだ。そのソースとはKFCルーマニアにしかない「ガーリックソース」である。

ハロウィンで大量に出没する吸血鬼から身を守るために、バンパイアが忌み嫌い尻尾を巻いて逃げていくニンニクをたっぷり使った特製のガーリックソースを、この時期に世界中で使って欲しいと同社はアピールしている。

KFCルーマニアによれば、ガーリックソースを常備しているのは同社だけであり、今回のハロウィンにタイミングをあわせてこのガーリックソースの存在を世界中にアピールすべくオリジナル動画をYouTubeにアップにしたのだ。

No image

KFC Romania」より

トランシルヴァニア地方の“ドラキュラ城”として知られるブラン城などドラキュラ伝説のゆかりの地であるルーマニアだけに、よくよく考えてみればハロウィンイベントへの訴求力はじゅうぶん過ぎるほどあったということになる。

動画では、

「トランシルバニアから直送!」

「バンパイアを100%追い払うことができる」

「あなたの命を守ります」

とアピールが続く。

そしてKFCルーマニアは、これが単なるアピールだけで終わるものではないことを示すために、海外のKFCファンに向けてこのガーリックソースを数量限定販売することをアナウンス。しかし残念ながら11カ国(カナダ、チェコ共和国、ドイツ、ギリシャ、イタリア、オランダ、ノルウェイ、ポーランド、スペイン、イギリス、アメリカ)のみで、日本のKFCファンは海外の友人などのつてを辿ったりするなどして入手することになるだろう。普段はルーマニアでしか味わえないソースだけに、どんなテイストなのか気になるところだ。

No image

Food&Wine」より

■病原菌を蹴散らすニンニクのパワー

もちろんガーリックのパワーはドラキュラを追い払うだけではない。最新の研究では、ニンニクの成分は抗生物質に耐性のある「スーパーバグ」に対抗できる力を秘めているという。抗生物質が効かない耐性菌のスーパーバグは世界中で問題になっているのだが、なんとガーリックという頼もしい伏兵の存在が明らかになったのだ。

デンマーク・コペンハーゲン大学の研究チームが先日発表した研究では、ニンニクに含まれるアホエン (ajoene) が、主に病院内で発生する厄介な耐性菌、いわゆる“スーパーバグ”に対抗できる存在であることを指摘している。

先日、千葉市の病院で発生したMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)に感染した乳幼児が死亡する事故が起きている。このMRSAは抗生物質に対する薬剤耐性を獲得した耐性菌でありきわめて危険な“スーパーバグ”である。

No image

Daily Mail」より

黄色ブドウ球菌そのものは非常にありふれた菌で、髪の毛や皮膚、鼻の粘膜、口腔内、傷口などによく存在しており、健康な成人の30%が黄色ブドウ球菌のキャリアであるといわれている。しかしこの黄色ブドウ球菌が薬剤の使用が多い病院などで抗生物質に対する耐性を獲得するとMRSAという“スーパーバク”となり院内感染を引き起こす危険な耐性菌になる。

研究チームは黄色ブドウ球菌と緑膿菌が引き起こす感染症の治療に、ニンニクのアホエンが効果的であることを突き止めた。アホエンが菌そのものを攻撃するわけでないが、菌がほかの病原菌に接触することを阻み、増殖を抑制することができるということだ。したがってスーパーバグであったとしてもそれ以上症状を悪化させることなく“包囲網”を築き徐々に症状を改善できる可能性が拓けてきたのだ。

またこれまでの研究でも病原菌に対するさまざまなニンニクの効能が判明している。アホエンは細菌の“保護膜”として機能しているバイオフィルムにダメージを与えることができるので、ダイレクトに病原菌に抗生物質を効かせることが可能だ。先日は厚生省からインフルエンザの流行が発表されたが、風邪に負けないためにも普段よりも多めにニンニクを摂取してみてもよさそうだ。

■ニンニク臭を抑える最も効果的な対処法とは

特に冬には積極的にニンニクを摂っていきたいものだが、無視できない最大の問題は食後のニオイだ。

ニオイの大元は硫黄の成分なのだが、ニンニクはなんと6種類のも硫黄含有化合物を放出するというから臭いのも当然である。そしていったんニンニクが消化器官に入ると、吸収された硫黄含有化合物が血液に乗ってカラダ中を駆けめぐり肺にも到達する。そして肺の内側から硫黄のニオイを撒き散らすのである。

つまりカラダの内側からニオイを発するようになるので、ガムを噛んだり歯を磨いたりマウスウォッシュをしても根本的な解決にはならないのが厄介な点だ。ニンニク臭の解消は原則的に“時が過ぎる”のを待つだけである。

しかしたとえ対処療法であっても、できる限りニンニク臭を抑える効果的な方法はないものだろうか。米・オハイオ大学の研究者がこの問題を少しばかり探っている。

No image

FOX News」より

実験参加者はスライスした3グラムのニンニクを25秒間噛んでから、いくつかのグループに分かれてそれぞれのニオイ対策を実行し、その後に口の中のニオイが計測された。ニオイ対策は下記の通りだ。

・生のリンゴを食べる。
・リンゴの生ジュースを飲む。
・熱を加えたリンゴを食べる。
・生のレタスを食べる。
・調理したレタスを食べる。
・生のミントを食べる。
・調理されたミントを食べる。
・緑茶を飲む。
・水を飲む。

計測の結果、この中で一番消臭効果が高かったのは生のミントを噛むことであった。その次に生リンゴと生レタスが同程度であった。しかしながらミントは調理してしまうとその効果はかなり下がるということだ。あくまでも生のままがいいのである。そしておおざっぱに言えば生の野菜と果物を食べること全般が、ニンニク臭対策として最善に近い方法ということになる。そしていかにも効果がありそうな緑茶は意外にもほとんど消臭効果がなかったという。

生野菜と果物には消臭効果のある酵素とフェノール類が多く含まれており、ニンニク臭に抗う働きをすると研究者は説明している。ニンニク料理には生野菜のサラダなどを多めに添えることでニオイが軽減できそうだ。外食が増えるこれからの時期に役立つ話題かもしれない。

文/仲田しんじ

フリーライター。海外ニュースからゲーム情報、アダルトネタまで守備範囲は広い。つい放置しがちなツイッターは @nakata66shinji

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
美人ボディビルOL「安井友梨」が話題に!体脂肪率は10%!
「長続きする夫婦・しない夫婦のLINE」何が違う?NG内容3つ
肉だけを食べ続けると人はどうなってしまうのか?
「死ぬときに人はどうなる?」現役医師に聞いた
男性は「手の指の長」さで「女性の好み」のタイプが決まるらしい!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加