新品の枕から大量の虫、家の中が虫だらけに...

新品の枕から大量の虫、家の中が虫だらけに...

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2016/10/19
No image

最近は少しでも良い睡眠をとろうと寝具にこだわる人が多くなっているが、中国ではこのたび、「健康に良い」というキャッチコピーで販売されていた枕から大量の虫が確認され、物議を醸している。問題の虫の繁殖力はかなり強く、購入者の家は虫ばかりになってしまったというのだから悲惨だ。

その他の大きな画像はこちら

地元メディアによると、問題が発覚したのは広東省深セン市郊外のウォルマートで販売されていた枕。素材に生薬の決明子(ケツメイシ)が用いられており、「健康に良い枕」として販売されていた。価格は49元(約800円)で、市民の何さんは購入してさっそく家で使用することにしたという。

問題が起きたのは数日後。何さんは原因不明の頭の痒みに悩まされるようになり、医師に相談したところ、「何かの虫に咬まれているようです」と診断される。それまで何さんは同様の症状に悩まされることはなかったことから、枕をくまなく調べてみると、そこにはゴマ粒大の小さな黒い虫が確認された。しかも、その“黒い点”は1つ2つという少量ではなく、数百という数。気づいたときには、家中で同様の虫を目撃するようになっていたそうだ。

何さんは購入先のウォルマートに枕を持ち込み、その場で中身を確認。すると、素材の決明子の半分には虫が食べたような穴が空いていた。ウォルマートはすぐに別の枕への交換はしてくれたが、賠償に関しては「製造元に問い合わせてからではないと対応できない」とし、何さんは不満を抱きながら帰途についたという。

その後しばらくウォルマートは枕の販売を続けていたが、ついに店頭に並んでいた枕にも虫を確認。事態を重くみたウォルマートは本格的な調査に乗り出し、枕はすでに棚から撤去され、最終的には何さんの家は無料で消毒してもらえることになったそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
逆恨みから元彼のFacebookアカウントを作った女性、ストーカーや誘拐を自作自演して刑務所行きに
無資格中絶手術で女性急死、告発の夫「言いようない怒り」
ヒジャブを着用せず写真をツイッターに投稿した女性に「死刑にしろ」の声(サウジアラビア)
シリア第2の都市アレッポ、旧市街地域を政府軍が制圧
米軍のFA18戦闘攻撃機が高知県沖で墜落
  • このエントリーをはてなブックマークに追加