オリ黒木 今年こそ!倖田來未と夢共演だ 最高の発奮材料に

オリ黒木 今年こそ!倖田來未と夢共演だ 最高の発奮材料に

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/14

オリックスの黒木が13日、大阪・舞洲で自主トレを公開。ファンを公言する歌手・倖田來未との初対面を願い、月間MVP獲りへ意気込みを示した。

No image

キャッチボールをする黒木

「月間MVPを獲ったら、ぜひ始球式に来てほしい。一緒にキャッチボールしたい。なんか、会えそうな予感がしますね」

昨年1月の入寮日に倖田のDVDを持参。初任給でオフィシャルファンクラブ「倖田組」に入会し、今年も既に更新済みだ。登場曲に「LIFE so GOOD!!」、グラブには「倖田組」と刺しゅうを施す熱烈ぶり。不振にあえいだ昨夏、23歳の誕生日を迎えた同年8月16日には、倖田から「応援してます!」との直筆メッセージ入りアルバムと花が贈られ、巻き返しの原動力とした。

昨季新人で55試合に登板し25ホールドを記録した。念願の倖田との夢共演。2年目の飛躍を誓う黒木にとって、これ以上ない発奮材料となるはずだ。

進化へ課題は明確だ。持ち味は150キロ超の直球だが、終盤戦にかけて蓄積疲労の影響で球威が低下。ファウルがかさむ場面が目立った。球数減少へ、カーブやシンカーの習得に励んでいる。「去年のスタイルでは後半しんどい。去年以上の活躍をしないと、自分もチームも困る」。チームの浮上に若きセットアッパーが欠かせない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ソフトバンク柳田驚く、糸井の体スーパーサイヤ人化
日本復帰なら...中日 イチロー獲り 森監督意味深「話は進めてある」
清宮リタイア 右手親指の張り 打撃練習など回避
イチロー、日本球界に復帰する“最適球団”は古巣でも地元でもなく...
2018ドラフト候補の大学生投手5人。ジャパン合宿で見たら凄かった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加