最新ランキングをチェックしよう
長寿研究の進展に期待、2つの顔を持つタンパク質の機能が判明

長寿研究の進展に期待、2つの顔を持つタンパク質の機能が判明

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/03/12

国立遺伝学研究所は3月9日、ストレス耐性などにかかわる転写因子「Mbf1」が転写促進活性とは異なる新たなメカニズムによってポリコーム抑制やストレス防御に関わっていることを見出したと発表した。

同成果は、情報・システム機構国立遺伝学研究所の広瀬進 名誉教授らのグループと佐賀大学医学部の西岡憲一 講師らのグループの共同研究によるもの。詳細は英国の科学誌「Development」に掲載された。

Mb

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
先生「家からお魚を持って来なさい」→その結果こうなった
砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?
元GEMの武田舞彩が日本とアメリカ2つの高校を卒業したことをファンへ報告!祝福コメントが殺到し話題に!
『鉄腕ダッシュ』、長瀬智也の新企画告知に「視聴者大爆笑」のワケ
辻希美、人任せの食事三昧に大ブーイングも「4人目の妊娠説」が浮上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加