最新ランキングをチェックしよう
ブラジル相手に“幻のヘッド弾” 杉本健勇「やれた部分はある」

ブラジル相手に“幻のヘッド弾” 杉本健勇「やれた部分はある」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/11/12

少ない時間でも見せ場はつくった。10日のブラジル戦(1-3)で後半36分から途中出場した日本代表FW杉本健勇(C大阪)。後半43分、FW乾貴士の左FKに頭で合わせ、ゴールネットを揺らしたが、惜しくもオフサイドの判定だった。

「オフサイドでなければ良かったけど、仕方ないですね」。一夜明けた11日、練習後に取材対応した杉本はあらためて振り返り、「高さには自信があるし、そこはどんどん出していかないとい

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
禁止薬物混入問題受け スポーツ庁が緊急会合
【ガンバ革新】背番号10の絶対軸、倉田秋に問う「クルピ新監督、どうよ?」
京都産業大新入部員、流経大柏の石川&宮本泰、作陽MF中西、大阪桐蔭FW今岡ら
森保日本、因縁ウズベク戦へ岩崎悠人が初ゴール誓う
MF井上 ウズベク戦先発濃厚、6人姉弟長男が行く“浅野の道”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加