最新ランキングをチェックしよう
「地方巡業」の増加で、力士が壊れてしまうかもしれない

「地方巡業」の増加で、力士が壊れてしまうかもしれない

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2017/09/15

大相撲秋場所の熱戦が連日、両国国技館で続いている。しかし、やはり幕内力士がこれだけ不在となると今までよりも盛り上がりにかけてしまう感は否めない。
 3日目の12日には大関高安と西前頭4枚目宇良が前日の取組で負傷し、休場が決まった。今場所は白鵬、稀勢の里、鶴竜と3横綱が昭和以降で初めてそろって初日から休場という異常事態。3横綱と1大関の休場も18年ぶりだ。初日から休んでいる西前頭二枚目碧山と西前頭十

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【玉ノ井親方 視点】稀勢、左に頼りすぎ 白鵬は下半身バタバタ
宮城野親方が白鵬の状態を説明 再出場は厳しいも「春場所は大丈夫」
相撲協会は伝統に「あぐら」をかいている
朝青龍おいの豊昇龍、大鵬孫に敗れ叔父譲りの負けん気「悔しい」
貴乃花親方が貴ノ岩現状を報告 公式HPでメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加