超特急、パワーアップの2017年経て2018年はどうなる?<モデルプレスインタビュー>

超特急、パワーアップの2017年経て2018年はどうなる?<モデルプレスインタビュー>

  • モデルプレス
  • 更新日:2018/01/11

超特急/モデルプレス=1月11日】7人組メインダンサー&バックボーカルグループの超特急のカイ、リョウガ、ユーキの3人がモデルプレスのインタビューに応じた。年末年始はアリーナツアー「BULLET TRAIN ARENA TOUR 2017-2018 the end for beginning」を敢行し、有終の美で2017年の幕を閉じ、最高の形で2018年のスタートを切った彼ら。今回は充実の2017年を振り返るとともに、2018年の目標を語ってもらった。

No image

(写真 : 超特急/左から:カイ、コーイチ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、タカシ、ユースケ(写真提供:所属事務所))

【さらに写真を見る】超特急、見どころてんこ盛りのツアーファイナル

◆超特急の2017年!活躍に何を思う?

― グループの飛躍、そして個人での活動もより活発になった2017年でしたが、振り返ってみていかがですか?

カイ:超特急としては「超ネバギバDANCE」で初めて音楽ランキング週間1位をいただいたり、「My Buddy」ではドラマ主題歌を担当させていただいたり、最長の全国ツアー、最大規模のアリーナツアーと初めてのことや挑戦がたくさんありました。すごく深い、いろんなことができた1年で、グループとしても成長できた1年でした。

ここ最近、グループでの活動、個人での活動、それぞれが互いにいい影響を与えています。グループでの活動が芝居に生きて、芝居でグループに還元できればと思っていて、それが僕の理想の形なんです。2018年も両立できるようにがんばって、理想の形に近づけばと思っています。

リョウガ:2016年の12月25日に結成5周年を迎えることができて、5歳として2017年を過ごしてきました。6年目にはなりますが、やっと超特急のスタンスやスタイルが確立してきて、個人でもそれぞれの活動が増えました。超特急公式LINEでも次々とお知らせが入ってきて、いい意味でやかましいと思えるほどで(笑)改めてスタートラインに立てたかな。

これまでもいろんな挑戦をしてきて、常に突っ走ってはいましたが、超特急のジャンルというか、あるべき姿が確立された年になりました。なので、2018年はもっと確立されたスタイルで新しい世界を見に行けたらいいですね。

ユーキ:個人としては、超特急のメンバーとしてたくさんのバラエティ番組に出演させていただけたことがすごく嬉しかったです。

でも、年末にまさかのことが起きてしまい…(※12月27日、ライブ前のリハーサルで足を負傷)。本当に何が起こるかわからないことを痛感させられた1年になりましたね。だからこそ、本当に1日1日をさらに大切にしていきたいと思いました。

今は早く足を治して、元気な姿で8号車の皆に元気や幸せを与えられるようになれたらいいなと思っています。

◆勢い加速の超特急、2018年の展望は?

― 2018年はどのように活動していきたいですか?

カイ:超特急としてはもっともっといろんな人に認知してもらうことが目標です。個人としてはたくさん芝居もやっていきたいなとも思いますね。

リョウガ:今までにできていないことに挑戦していきたいです。それから、今の超特急ももちろんですが、ギャップも見せていきたい!いろんな姿を見せられる超特急ですが、その幅を広めたいですし、ステータスも上げていきたいですね。どんなフィールドでも通用するようなグループになっていきたいと思っています。

ユーキ:怪我のない1年にしたいです(苦笑)やっぱり、身をもって痛感したので…健康って大事だなと。なので、健康な1年にしたいです!

― ありがとうございました。

◆超特急プロフィール

コーイチ(1号車)、カイ(2号車)、リョウガ(3号車)、タクヤ(4号車)、ユーキ(5号車)、ユースケ(6号車)、タカシ(7号車)からなるメインダンサー&バックボーカルグループ。多彩なジャンルを織り交ぜたダンスを踊るメインダンサー5人と、ダンサーを支えるバックボーカル2人で構成される7人組。2011年12月25日に結成。2012年6月にインディーズデビューシングル「TRAIN」を発表。その後も立て続けにシングルやアルバムを発表し、2015年12月には国立代々木競技場第一体育館で2daysのワンマンライブを開催し、2万5000人を動員した。翌2016年12月には、国立代々木競技場第一体育館と神戸・ワールド記念ホールにて、東西アリーナツアーを敢行。2017年から2018年にかけて、アリーナツアー「BULLET TRAIN ARENA TOUR 2017-2018 the end for beginning」を開催、単独公演のチケットは毎回秒速で完売するなど勢いを増している。

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「この人の声を世に送り出す手助けをしなきゃいけない」。小袋成彬、宇多田ヒカルプロデュースでメジャーデビュー
宇多田ヒカル手掛けた新人小袋成彬4・25デビュー
登美丘高校ダンス部、ハリウッド映画とコラボ! 制服で踊る主題歌PV完成
星野源、新曲「ドラえもん」に中毒者続出「ドドドドドドドド」「頭から離れない」
使い切ると美しい作品が完成 アーティスティックなメモ帳「OMOSHIROI BLOCK」が登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加