四代目・桂三木助の母が初めて語った「息子の死」

四代目・桂三木助の母が初めて語った「息子の死」

  • 文春オンライン
  • 更新日:2017/10/12

「盛夫はやさしい子でしたよ。いつもあたしのことを気遣ってくれてね。

それなのに母親に、自殺した姿を見つけさせるなんて……、本当に……」

No image

テレビでも活躍した四代目 ©文藝春秋

涙をこらえることなく語ったのは、落語家の四代目・桂三木助(本名・小林盛夫)の母・小林仲子さん(88)だ。バラエティやドラマ出演など、落語家の枠に留まらない活躍で一躍人気者になった四代目・桂三木助だったが、2001年に自殺した。今回、四代目の甥(本名・小林康浩)が五代目・桂三木助を襲名したのを機に、仲子さんが演芸評論家の渡邉寧久氏のインタビューに応じ、息子の死について初めて語った。

仲子さんの夫は「芝浜」を練り上げ、名人と称された三代目・桂三木助。インタビューでは夫から息子、そして現在は孫へと受け継がれた「桂三木助」のDNAについても語っている。

No image

三代目と仲子夫人 写真提供:小林仲子

No image

襲名したばかりの五代目

「お父さん(三代目・桂三木助)は58歳で死んじゃってね。その後を盛夫が継いで四代目になったんですが、これからっていう時にあんな最期でね。

今年9月、孫のやっちゃんが、五代目を継ぎました。本当はね、やっちゃんが落語家になるのも嫌だったの。本人がなりたいって言い出した時、『盛夫のような思いはしたくないから、絶対ならないで』って、そう頼んだんですけどね。でも落語家になって、ちゃんと頑張って、ここまで来てくれました」

インタビューの詳細は「文藝春秋」11月号に10ページにわたって掲載されている。

( 「文藝春秋」編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元AKB48・小嶋陽菜がファッションサイト立ち上げも......ハワイで見せた“腹肉”に驚愕!?
菅田将暉、役作りで「12kg増量」にネットでツッコミ多数
上西小百合、タレント転身も「全局が一斉出禁」の衝撃情報!
「超くっきーランド」人気爆発、3日間で1万人
元SMAPメンバー退所で、森且行が“民放テレビ解禁”か!? 『路線バスの旅』出演にネット騒然の理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加