東京為替:ドル・円は一進一退、日本株は上げ幅縮小

東京為替:ドル・円は一進一退、日本株は上げ幅縮小

  • FISCO
  • 更新日:2017/11/14
No image

株式会社フィスコ

ドル・円は113円60銭台で一進一退の値動き。日経平均株価は上げ幅を縮小しており、リスク選好的な円売りムードはやや後退しているもよう。また、米株式先物がマイナス圏で推移する一方、米10年債利回りは2.40%台で横ばい推移しており、ドルの売り買い手掛けにくい状況が続いている。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円56銭から113円73銭。ユーロ・円は132円49銭から132円72銭、ユーロ・ドルは1.1662ドルから1.1676ドルで推移。

<KK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中国ではあり得ない、リコール神対応「ダイキン空気清浄機」日本の常識は、世界の非常識
ユニクロ、通販サイトでトラブル続く―「誕生感謝祭」でアクセス集中
パチンコ店は今後、交換率を上げずに生き残れるのか
〝国産〟オートバイ/スクーターは本当はどこの国で作られている?
1960年代アメリカで空前のヒット!ホンダのバイク「スーパーカブ」の広告ポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加