ユニバ女子代表が静岡学園高の男子に4失点で完封負け

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/08/12

静岡キャンプ中のユニバーシアード日本女子代表は11日、時之栖Aグラウンドで静岡学園高(男子)とトレーニングマッチ(40分×2本)を行い、0-4で敗れた。

日本は序盤から劣勢を強いられる中、粘り強く連動性のある守備で1本目を0-0で終える。だが、2本目にディフェンスが崩れ、一気に4失点を喫した。

望月聡監督は日本サッカー協会(JFA)の公式サイトを通じ、「試合に負けて課題は多く出ましたが、次の試合や本大会につなげて、進化していくチームにしていきたいと思います」とコメント。台湾で18日に開幕する第29回ユニバーシアード競技大会に視線を向けた。

なお、日本は同大会で20日にコロンビア、22日にブラジルと対戦。順位決定戦は24日から行われる。

以下、試合結果

ユニバーシアード日本女子代表 0-4 静岡学園高

▽得点
49分:失点(静岡学園高)
50分:失点(静岡学園高)
52分:失点(静岡学園高)
62分:失点(静岡学園高)

▽交代
58分:三浦紗津紀→松原有沙

■1本目(0-0)
GK:木付優衣
DF:工藤真子、奥川千沙、三浦紗津紀、松原有沙
MF:山口千尋、中村みづき、水谷有希、瀧澤莉央
FW:河野朱里、大竹麻友

■2本目(0-4)
GK:森田有加里
DF:山川夏輝、山田優衣、三浦紗津紀、松永早姫
MF:平國瑞希、中村みづき、梅津美絵、熊谷汐華
FW:堀江美月、龍沙也加

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
C大阪清武が練習合流 やりたい感情抑え別メニュー
G大阪“東京五輪の星”で再浮上だ!20歳トリオ積極起用へ
団体戦は8月2日から、南東北インターハイ女子出場51校を一挙紹介!
ACL日本勢対決、川崎MF中村が新体制の浦和を警戒 「より難しい相手になっている」
【J1ベストイレブン】MVPはJ初ゴールのコロンビア代表FW! 鳥栖から最多の3名を選出|23節
  • このエントリーをはてなブックマークに追加