LINE田端氏、エアラインとの新たな連携示唆 「ANAやJALにも提案している」【一問一答】

LINE田端氏、エアラインとの新たな連携示唆 「ANAやJALにも提案している」【一問一答】

  • Traicy
  • 更新日:2016/10/20
No image

エア・ドゥ(AIRDO)とLINEは提携し、LINEビジネスコネクトを利用した搭乗サービス「AIRDO ONLINE Service」を10月18日午前11時頃より開始した。

10月6日には東京都内で記者発表会を開き、サービスの概要を発表した。予約照会やQRコードを取得することができる「LINEで搭乗」、旅の情報を発信する「旅のコンシェルジュ」、エア・ドゥのウェブサイトにアクセスできる「空席照会・予約」「予約確認・購入」「運航の見通し」「My AIRDO会員ログイン」の6つの機能が利用で、予約確認とLINEで搭乗は、AIRDOが航空会社として初めて導入した。

発表会後にLINEの田端信太郎上級執行役員に行った個別インタビューの一問一答を掲載する。

ーLINE公式アカウントはANAやJAL、ソラシドエアなども開設している。そうではないAIRDOをなぜ選んだのか。

「そういったところに同様のサービスを提案させていただいていたのは事実」

ー受け入れられなかったということか。

「継続検討していただいている」

ーAIRDOもANAと同じシステムを使っている。ANAより早く始まったのはLINEが積極的に技術サポートを行ったからということか

「技術的サポートを行ったことは確かだが、導入企業側で作業を進めていく。システム開発投資をどこが早くやるかという話で、あえて排他的に特別なサポートをしているというわけではない」

ー「Skipサービス」やPassbookといった他のシステムもあるが、LINEが秀でているところはどこなのか。

「リアルタイムでリマインドできたり、そもそもネイティブアプリをダウンロードしてもらう前提より敷居が低いという部分」

ーネイティブアプリとLINEのアカウントを開くのはコストの差はどれくらいか。

「ネイティブアプリ次第だが、結局実利用していただいた開発費を割り戻していただければ、我々のほうが分があると思う。ポジショントークになるかもしれないが」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日産が専用のサスペンションやコンピュータを搭載した『NOTE e-POWER NISMO』を発売
若い社員の転勤嫌い 居心地いい蒲団の中から出たくないだけ
トヨタ「ルーミー・タンク」1カ月で3万5000台受注
冬のボーナス、国家公務員に支給 平均約70万円
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加