北條が“登板” 送球矯正のため打撃投手務める

北條が“登板” 送球矯正のため打撃投手務める

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/10/20
No image

阪神・北條史也内野手(22)が19日、甲子園のマウンドに“登板”した。全体練習後の特打で打撃投手を務めた。原口、新井良相手に15分、投げ込んだ。高代ヘッドコーチの指示で送球矯正の一環で行ったという。

「指にかかったときの方が、球は安定する。送球が安定しなかったら、投手に迷惑がかかるし、併殺の時は二塁に迷惑がかかる」

今季は自己最多の122試合に出場した。105安打を放ち、遊撃でスタメン出場する機会もあったが、チームワーストタイの12失策を犯した。実戦から離れるオフは、課題克服に注力する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大型補強の巨人 ささやかれる“オリックス化”の懸念
【球界ここだけの話(748)】ヤクルト残留が決まったバレンティン 大砲を支えた心のヒーロー
巨人4番候補ゾロゾロ打線「坂本は十分候補になる」
陽岱鋼、巨人入り決定的 史上初の同一年FA3選手獲得
陽も巨人決定的!4年10億 史上初FA3人獲り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加