最新ランキングをチェックしよう
北條が“登板” 送球矯正のため打撃投手務める

北條が“登板” 送球矯正のため打撃投手務める

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/10/20

阪神・北條史也内野手(22)が19日、甲子園のマウンドに“登板”した。全体練習後の特打で打撃投手を務めた。原口、新井良相手に15分、投げ込んだ。高代ヘッドコーチの指示で送球矯正の一環で行ったという。 「指にかかったときの方が、球は安定する。送球が安定しなかったら、投手に迷惑がかかるし、併殺の時は二塁に迷惑がかかる」 今季は自己最多の122試合に出場した。105安打を放ち、遊撃でスタメン出場する機会

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イチロー、盗塁&二塁打で存在感 球団公式サイトも「攻撃のハイライト」
オーレンドルフ収穫5回1失点 真中監督「良くなった」
西武ドラ3源田、石毛以来の新人開幕遊撃 同級生有原撃って快幕だ
ヤクルト・山田、アディダスと大型契約 異例の4年超
プロ野球2017年シーズン「開幕一軍」全選手まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加