拡張現実アートカーがレース実戦デビューへ...アプリでBMW M6 GT3 を見ると?

拡張現実アートカーがレース実戦デビューへ...アプリでBMW M6 GT3 を見ると?

  • レスポンス
  • 更新日:2017/11/14
No image

BMWの最新アートカー、M6 GT3

もっと画像を見る
BMWは11月13日、同社の18台目となる最新「アートカー」のBMW『M6 GT3』が11月18~19日、マカオで開催される「FIA GTワールドカップ」で実戦デビューすると発表した。

GTワールドカップは、GTカーによるスプリントレースとして、世界一栄誉あるレースと言われる。世界のトップマニュファクチャラーやレーシングチームが集い、最速のGT3カーが見られる場となる。

18台目となるBMWのアートカーは、中国人が初めてデザイン。中国人アーチスト、ツァオ・フェイ氏が、中国の変化の速さや、その伝統と未来を、アートカーに反映させた。同氏は、BMW『M6 GT3』の車体をキャンバスに、3つの要素を重視してデザイン。独自のカーボンブラックの車体には、専用アプリでアクセスできる多彩な光の流れを描き出したAR(拡張現実)作品とした。

同氏が着目したのは、車体のカーボンファイバー構造。つや消しブラックを使って、M6 GT3をデジタル世界の可能性に組み込んだ。プラクティショナーとしてスピリチュアルな動きを見せ、それが多彩な光の流れに包まれる。アートカーの周囲でアプリを起動すると、その光の流れがM6 GT3の上と周囲で、ARを浮かび上がらせる仕掛けとなっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
マツコ「死ぬかと思ったわよ」 ミッツ、休養中の電話を明かす
アポロの月面写真はやっぱりフェイク?スタッフが写り込んでいると話題に
NGT48・荻野由佳、細身なのに豊満なバストに絶賛の声 “彼氏いらない”発言でファン歓喜!
覚えておきたいGoogle Mapsの秘技
いしだ壱成、西島秀俊...「妻に求める掟とルール」が厳しすぎる男4人! 妻は夫より早起きしろ、会話なしでも我慢しろ...!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加