コウチーニョ 移籍失敗に言及

コウチーニョ 移籍失敗に言及

  • スポルト
  • 更新日:2017/09/17
No image

バーンリー戦に出場したフィリペ・コウチーニョ

今夏、FCバルセロナへの移籍を望んでいたリバプールのブラジル人MF、フィリペ・コウチーニョは今週土曜日のバーンリー戦(1-1)後に“ESPN Brasil”のインタビューを対し、移籍失敗の後にどのような気持ちだったかを明かした。

「(バルサからの)オファーは存在した。そして人生では時にそれに関心を抱くこともあれば、抱かないこともある。僕の場合、誰もが知っているように僕と僕の家族は(そのオファーに)関心を抱いていた。」
コウチーニョはブラウグラナのシャツを着るために8月中にトランスファーリクエストを申請していた事について、そのように言及した。

【関連動画】バルサ第4節ハイライト映像

コウチーニョは今回の移籍騒動以降、プレミアリーグのバーンリー戦で初めて先発出場を果たした。
彼は疑わしい背中の痛みを理由にシーズン序盤の数試合への出場を回避していた。

バルサへ移籍するためにあらゆる手を尽くしたが、最終的にリバプールの決断を受け入れることとなったコウチーニョは、カンプノウへ辿り着くことができなかったフラストレーションは隠さなかったものの、既にレッズで全力を尽くす覚悟ができているようだ。

「いつも言っているように、バルサのようなビッグクラブからオファーを受けるのは光栄なことだ。8月は僕にとって難しい1ヶ月だった。現在、全ては終わったことだ。僕は自分のチームを助け、良い年にすること、リバプールとブラジル代表について考えることに集中しなければならない。」

さらにコウチーニョは、アンフィールドでの6シーズン目を迎えることについてこう語った。
「同様にここにいられるのは光栄だ。リバプールは世界のビッグクラブだ。僕は常にリバプール、サポーター、選手、幹部達に敬意を払ってきた。現在、僕はここにいる。いつものように最善を尽くすよ。」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ペップ・シティ、2季目で明確なスケールアップ。ここ3試合で16得点0失点、死角はあるのか
時代は厚底!即完シューズ『ナイキ ズームフライ』なら自己記録を更新できる!?
岡崎慎司がまた決めた! リバプールを相手に身体を張った気迫の一撃!
賛否両論が渦巻く岡崎の“泥臭い一撃” 英紙は「今節ベストショット12選」で紹介
“黄金の左足”は健在! 英雄ギグスの豪快ボレー弾を英紙絶賛「現役時代がフラッシュバック」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加