「大正生まれの除雪車」昼夜を問わず奮闘! 福井鉄道「デキ11」、御年95歳

「大正生まれの除雪車」昼夜を問わず奮闘! 福井鉄道「デキ11」、御年95歳

  • Jタウンネット
  • 更新日:2018/02/14

北陸地方を襲った大雪で、福井市内の福井鉄道で、大正生まれの除雪車「デキ11」が度々出動している。

今となっては珍しい電気機関車だけに、ネット上でも、注目を浴びている。

この大雪で、深夜ばかりでなく、日中にも出動

青緑色の車体がサラサラと雪を掻き出しながら、雪の降りしきる夜の街中を走っていく。車体の前後には、黄色い排雪板があり、それで軌道上に積もった雪を排出しているわけだ。

No image

大正生まれの除雪車「デキ11」(まもさん撮影、Wikimedia Commonsから)

丸いヘッドライトの下には、白字で「11」の番号が入っているのが見える。側面には、「デキ11」と同じ白字で入っており、ネームがなんとも誇らしげだ。

これは、ユーチューブに3年前に投稿された動画のシーンだ。

除雪車は通常、深夜から未明にかけて出動する。しかし、2018年はこの大雪で、早めの運行再開を目指して、日中にもデキ11の出番が回ってくるような非常に珍しい状況だ。

2018年2月13日は、前日からの電車運休を受けて、日中の午後に市内の赤十字前駅から田原町駅間を約1時間かけて往復し、軌道上の除雪に活躍した。

「大正時代のものがまだ走ってんだw」「モーターとかよく動くな、丈夫なもんなの?」「そりゃレアだな」

この日に出動した様子が新聞報道されると、ネット掲示板では、こんな声が次々に書き込まれた。

福井新聞の2014年3月9日付記事によると、デキ11は1923(大正12)年、前身の福武電鉄開業に合わせて電動貨車「デワ1」として製造された。一時は、廃車の危機もあったが、79年に電動機増設などの改造を受けて電気機関車に車種を変更し、車番が現在の「デキ11」に変わった。

「モーターが4つもあり、除雪能力が優れている」

除雪車は、軌道上の積雪が10~15センチを越えると出番が来るが、2017年は、雪が少なくて、デキ11の出番がなかった。

ところが、18年冬は、自衛隊も出動するほどの大雪となり、福井鉄道の車両工場担当者にJタウンネットが2月14日に聞いたところによると、デキ11は、1月12日から計約20回も出動している。

出動初日も、普通電車などが立ち往生して日中に出動したが、正午過ぎにデキ11が脱線してしまった。福井新聞の報道によると、軌道上に数十センチあった積雪が原因とみられている。

それでも、福井鉄道にはデキ11を含めて除雪車が2台しかなく、デキ11は、多いときは、1日に5往復もするほどフル回転した。「雪が多すぎて、出動できなかった日もありますね」と担当者は苦笑する。

95歳にもなるデキ11が未だに現役を続けている理由について、担当者はこう説明した。

「車体が軽いので危ない面もあるのですが、モーターが4つも付いており、除雪能力が優れています。それなりに働きますので、『使えるものは使いましょう』と整備をして出動させている状況ですね」

大雪で軌道上には、1メートル40センチ以上も雪が積もることもあったが、デキ11の活躍などもあって、2月14日は、本数を減らしながらも電車が運行した。

ただ、デキ11は、老朽化して寿命が近づいており、もうなかなかその雄姿を見る機会はないかもしれないそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
奈良公園で「シカに噛まれた!」 中国人観光客からの訴えが多い理由
露軍爆撃機2機が北方領土から沖縄まで飛行
左手にスマホ右手に飲み物で左耳にイヤフォンのまま自転車に乗り77歳女性を死なせた女子大生に怒りの声
愛荘町長選は現新の一騎打ち、町議選とともに25日投票
【報ステ】プラスチック加工工場で火災...群馬
  • このエントリーをはてなブックマークに追加