音楽も楽しめちゃう!iPhoneとbluetoothで連携するハイテク補聴器『リサウンド・リンクス3D』

音楽も楽しめちゃう!iPhoneとbluetoothで連携するハイテク補聴器『リサウンド・リンクス3D』

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/06
No image

人間誰でも、年齢を重ねていくと、30歳を境に、若いときよりも聴力が下がってしまう事があります。

これは加齢性難聴(かれいせいなんちょう)と言って、聴覚を司る器官である「蝸牛(かぎゅう)」や神経などに障害が起こる事によって引き起こされるものと考えられています。

No image

(画像出典:wikipedia)

加齢性難聴になると、まず最初に高音域が聞こえ辛くなってきます。その後難聴が進むにつれ、人の話し声の音域が聞こえにくくなってしまうため、この時点で初めて「あれ? 耳が良く聞こえない!」と気が付いて、慌てて病院に行って、そこで加齢性難聴が発覚するケースが多い様です。

ここで老耳チェック!
☆イヤホンやヘッドフォンで音楽を聴くことが多い。
☆騒音の多い職場環境だ。また、カラオケ・音楽フェスなど大音量の場に行く機会が多い。
☆周囲の人がモゴモゴとはっきりした声で話をしていない様に感じる。
☆自動車の中での会話が、よく聞き取れない。
☆テレビの音量を、以前よりも大きくするようになった。
☆2人以上の人が同時に話し始めると、よく聞き取れなくなる。
☆会議や授業などの場で、話が聞き取りにくく、内容が把握しづらい。
☆会話の相手に、「もう一度言って」と頼む。

ひとつでも当てはまったら、“老耳”が始まっている可能性があるそうです!(GNヒアリングジャパン株式会社資料による)

実は筆者も先日、会社の健康診断で聴力検査をした所、昨年までは問題なかった高音域の信号を、今年に至っては聞き分けられず、知らぬ間に聴力が落ちてしまったのを痛感してしまう事になりました。

・・・幸いにも現時点では、まだ人の話し声はよく聞こえている方だとは思うのですが、しかし最近会社の上司には、お前は人の話す事をちゃんと聞いていないだろう、いい加減にしなさい! と叱咤激励されているので、実は既によく聞こえていないのかもしれません。

さらに難聴が進むと生活音さえも聞きづらくなり、QOL(クオリティ・オブ・ライフ。生活の質。)が下がって、社会生活もままならなくなってしまうため、決して馬鹿には出来ない加齢性難聴ではありますが、実は音が聞こえづらい状態を改善し、生活の質を保てる機器があります。

その機器とは・・・。

「補聴器」です。

補聴器とは、聴覚障害のある人の「聞き取り」を補助する機器です。

医薬品医療機器等法において管理医療機器に指定されています。

レシーバ(入力部)・アンプ(増幅部)・マイクロフォン(入力部)と電池(電源)で構成され、大音量を調整出来る機能を有しています。

「なあんだ、そんな便利なものがあるならソレ買っちゃえばいいじゃん!」

…残念ながら、従来型の補聴器にはいろいろな問題が存在するようです。

●聞こえてほしい人の声だけでなく、あまり大音量では聞きたくない雑音まで一緒に聞こえてしまう。
●補聴器を付けていると、話し相手が気を使って大きい声で喋った場合、声が増幅されてしまい、ビックリする。
●補聴器を付けた状態で電話をかけると、ハウリング(マイクから取得した音声信号をアンプで増幅してスピーカーから出力した音声を、またマイクで拾った時に発生する不快な音)が発生してしまうのが嫌。
●通販で安価な補聴器を買ってしまったが、実は補聴器は自分の聴力に合わせる細かな調整が必須なので、気に入った音量、音質にできず、結局買ったものが無駄になってしまう事が結構多い。
●補聴器を扱っているお店で購入しても、自分の聴力に合わせて調整をするために、何度も店を訪れなければならず、大変面倒。
●テレビやスマホに登録した音楽を聴きたいとき、補聴器を通して聞こえる音質はあまり良くない為、楽しみも半減する。
●補聴器を付けていると目立ってしまうので見た目がかっこ悪くて、付けっぱなしだと耳も痛くなる様な気がして、装着するのが段々億劫になる。
●補聴器を通して音声を聞いていると、何処の方向や距離にいる誰がどんな風に話しているか、イマイチわかりにくい。

・・・といった事などです。全てが万事、補聴器を購入したからと言って、悩みが解決する訳ではなさそうです。

デジタルガジェット全盛のこの時代、これらの悩みを解決する、そんな都合の良い商品は存在しないのでしょうか……?

実はあります。

デンマークの補聴器メーカー GNヒアリングの日本法人である「GNヒアリングジャパン」から、音楽も楽しめちゃう!iPhoneとbluetoothで連携する遠隔サポート対応・ハイテクモバイルガジェット補聴器「リサウンド・リンクス3D」が発表されています!

リサウンド・リンクス 3D

No image

http://linx3d.resound.com/jp/assets/video/overlay-video.mp4

No image

「リサウンド・リンクス3D」は、とっても小さくってオシャレなのにスマホと連携して様々な便利機能を利用可能なハイテク補聴器です。

No image

リサウンド・リンクス3Dには6つの大きな特徴があります。

■最上級の音質

日常生活では、どこから声を掛けられるかわかりません。正面からだけでなく、側面や後方からも声が掛かる可能性もあります。そして、相手が必ずしも、こちらが聞き取りやすい様に丁寧に話しかけてくるとは限りません。小さな声でボソボソ話しかけられることも、ままあります。
また、何人かが話し合っている会議の場所などでは、今までの補聴器では、どこにいる誰が何を話しているかがわかりにくい、そんなことが結構あります。

リサウンド・リンクス3Dでは、「サラウンド・サウンド by リサウンド」機能と「環境適応ノイズトラッカー」機能により、雑音を控えて、人の声が自然に聞きやすくなります。

さらに「両耳連動指向性III空間認識」機能により、たくさんの人の中での会話でも、その音声がどこから聞こえているか、何を話しているかがわかりやすくなります。これは助かりますね。

■騒音下での聞き取り

雑踏の中から静寂な場所へ急に移動したり、静寂な場所から雑踏の中にまた戻ったりするのは良くあります。

通常の補聴器ではそういった急激な環境の変化には対応できず、聞きたい音声が聞きづらかったり、いきなり予期せぬ大音量が発生してビックリしてしまうなんてもことも。

リサウンド・リンクス3Dの「環境適応システムII」機能は、静かな場所、騒がしい場所、それぞれの環境に適応して、自然な聞き取りを実現します。これは便利!

■種類豊富なデザイン

No image

リサウンド・リンクス3Dは、従来型の「耳掛けタイプ」だけでなく、スピーカー部分が本体と離れて細いチューブで繋げられて、本体がさらに小型化され、快適な装着感の「外耳道内レシーバ耳かけ型」、耳穴ぴったりにオーダーメイドして作り上げる「耳あな型」など、様々なタイプが用意されています。自分の耳の穴に合わせた形に対応するなんて喜ばしいですね!

No image

■便利に使えるアプリ

No image

リサウンド・リンクス3Dは、なんとiPhoneのスマホアプリと連携して、様々な機能に対応できます。特にお出かけした時に便利な機能が満載です。
ちなみに以下の機能があります。

No image

※クイックボタン・・・騒がしい場所など、会話が聞き取りにくい場所に来た時も、iPhoneのアプリをワンタッチする事で、状況に合わせた最適な音質に変更が可能です。
※カスタマイズ…雑音の抑制や聞き取り範囲などの「聞き取りレベル」を微調整して設定を保存できます。
※遠隔サポート…通常、補聴器は購入後も最適な聞こえ具合に調整するために、何度か購入店で専門家に設定の微調整してもらう必要がありますが、リサウンド・リンクス3Dはなんと! スマホアプリを操作すると販売店にいる専門家が「遠隔サポート」で設定の微調整を行えます。もう何度もお店に足を運ぶ必要はありません。これは楽ちん!(※遠隔サポートに対応していないお店もあるので詳しくは販売店にご確認下さい。)
※お気に入り設定…特に頻繁に行く場所がある場合、お気に入りの場所の「聞こえ」の設定を保存しておく事で、その場所に再度訪れた際には、いつでも最適な聞こえ方を享受できます。
※補聴器を探す…リサウンド・リンクス3DはGPS内蔵のiPhoneとペアリングしている為、もし補聴器をうっかり落として無くしてしまっても、最後にペアリングが切れた場所をアプリが覚えている為、容易に見つけ出せます。

■どこにいても安心の遠隔サポート

先述の遠隔サポートの事です。専門家と連絡を取りあい、調整済みの設定をクラウドに保存してもらえば、その設定をアプリで取得して補聴器に反映できます。調整済みの設定がクラウドに保管されているので、リサウンド・リンクス3Dをもし初期化してしまったり買い換えても設定を容易に戻せます。

No image

・・・思わず微笑みがこぼれてしまいますね。

■より快適になるワイヤレス

リサウンド・リンクス3Dは、単なる補聴器のみならず、ワイヤレスアクセサリーと併用して、iPhoneやテレビ、ラジオなどのオーディオ機器と接続する事により、高性能な音楽用ワイヤレスイヤホンとして利用できます。

特にiPhoneからの音声は、直接補聴器で聞いて通話する事が可能となり、今までの補聴器の様にハウリングの心配をする必要がありません。

iPhoneにbluetoothで通話できる、という事は、iPhoneのみならずiPodやiPadといったiOS端末を容易に接続が可能なので、正に音楽や映像視聴用のワイヤレスイヤホンとして利用できるのです。

ワイヤレスアクセサリーは、

◆騒音の多い場所や離れた人の声を直接補聴器に届けて会話の理解を助ける「マルチマイク」・「マイクロマイク」
◆bluetooth搭載の携帯電話の音を受信出来る「携帯ユナイトII」
◆テレビやパソコン、音楽プレーヤーからステレオ音声を直接受信できる「TVユナイトII」
◆補聴器の音量やミュート、プロゴラム変更が手元で行える「リモコンユナイトII」

が各種揃っております。

No image

音楽も楽しめちゃう! iPhoneとbluetoothで連携する遠隔サポート対応・ハイテクモバイルガジェット補聴器「リサウンド・リンクス3D」。

これで筆者もやっと人の話をちゃんと聞けるかもしれません!

※記事については、執筆時点でネットに公開された資料や取材による情報に基づく商品やサービスの紹介風のエッセイとなりますが、筆者及び編集部はその内容や継続性等を保障するものでは御座いません。また購入、利用に於いては、あくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。

文/FURU

デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ネタがテーマの漫画を得意とする→http://www.furuyan.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ゼロからはじめるPython 第19回 ゼロからはじめるPython 第19回 癖になるPythonの内包表記を使ってみよう
【Amazon サイバーマンデー】タイムセールで90%以上オフも! アンダーアーマーのコンプレッションウェアやAnkerのモバイルバッテリーがお買い得に
“悪質すぎる”盗撮の手口ワースト5――スマホの手帳型ケースの隙間から...
フィールドと自宅がボーダレスに!家でも使えるアウトドアギア5選
ASUSが超狭額ベゼルの14型『ZenBook 14 UX430UA』など冬春モデルを発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加