巨人村田修一が自由契約、新天地でのプレー目指す

巨人村田修一が自由契約、新天地でのプレー目指す

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/13
No image

村田修一

巨人は13日、村田修一内野手(36)を自由契約にすると発表した。今後は新天地でのプレーを目指していくことが濃厚になった。

村田は11年オフにFAで横浜(現DeNA)から巨人入り。移籍初年度の12年に第76代4番打者を務め、13年秋には選手会長にも就任した。今季は118試合に出場して打率2割6分2厘、14本塁打、58打点。前半戦は代打出場が大半だったため、規定打席には到達しなかった。

今季は通算350本塁打や、1年目から15年連続となる2桁本塁打などを達成。来季は、残り135に迫った通算2000安打の達成がかかっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
頭部手術の二所ノ関親方、自力での呼吸再開 意識はいまだ回復せず
さあ来週はドラフト会議!清宮を「いちばん伸ばせる」球団はここだ
張本勲氏、幻の阪神移籍の真相を告白「ドアから長嶋監督がドッキリカメラみたいに...」
【小関順二のドラフト指名予想】福岡ソフトバンクホークス編「3、4年先を見据えて!今年も高校生主体の指名か?」
阪神“弱点”克服へ即戦力投手獲る!清宮外れたらドラ1~3まで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加