最新ランキングをチェックしよう
「痴漢をなくしたい人VS痴漢冤罪を訴える人」の対立構造が起こる理由

「痴漢をなくしたい人VS痴漢冤罪を訴える人」の対立構造が起こる理由

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2017/09/16

満員電車で起こることの多い痴漢。しかし、痴漢のニュースが報じられるたびに、「冤罪かもしれない」「痴漢を疑われたら人生の終わり」という意見もネット上で飛び交っている。なぜ、これほどまでに痴漢冤罪の話題が持ち上がるのか? 『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)の著者で精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏と弁護士の三浦義隆氏に、痴漢と痴漢冤罪、どちらも防ぐことはできないのか、語り合ってもらった。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ベトナムで1000年に一度の美女が発掘される!本当に美人すぎ
女性社員が「仕事ができない男だ!」と感じる居酒屋の注文3選
8万円以上する「水沢ダウン」買ってよかった
「進化型レジャーホテル」が一般ホテルの“10年先”を行く理由
ニトリのティッシュケースが画期的!「例の悩み」が解決されるぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加