マクラーレンがホンダとの提携解消、2018年からルノーエンジンを使用

マクラーレンがホンダとの提携解消、2018年からルノーエンジンを使用

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/09/16
No image

17F1第14戦シンガポールGP。2回目のフリー走行に向けてマシンを調整するマクラーレン・ホンダのスタッフ(2017年9月15日撮影)。

【AFP=時事】フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)に参戦するマクラーレンは15日、今季限りでホンダと手を切り、来季からルノーのエンジン供給を受けると発表した。F1界のトップに返り咲くことを目指していた同チームは、日本のエンジンメーカーとのトラブル続きの関係に終止符を打つことになった。

マクラーレンが2018年から2020年までの3年契約でルノーと手を結むことになった一方で、トロ・ロッソはルノーとの提携を解消し、ホンダエンジンを使用することが明らかになった。これまで大きく報道されてきたこれらの動きに関連し、現在メルセデスAMGとフェラーリの独壇場となっているF1の序列は、劇的に変化する可能性がある。

ホンダがマクラーレンから離脱した背景には、世界王者のタイトルを通算2度獲得しているフェルナンド・アロンソが来季もチームに残留する条件として、不発のホンダエンジンを排除することを繰り返し求めていたことが挙げられる。

マクラーレンのザック・ブラウンエグゼクティブディレクターは、「きょうの発表により、何のためらいもなく、2018年のシャシーと技術プログラムを前進させるために必要な信頼性がもたらされる」と述べた。

英名門チームのマクラーレンは、2012年シーズンを最後に優勝から遠ざかっており、メルセデスをはじめ、フェラーリやレッドブルに対抗する強さからはかけ離れた状態が続いている。

第13戦イタリアGPでは、ホンダとのパートナーシップに対するいら立ちが頂点に達し、アロンソとストフェル・バンドーンの両ドライバーがグリッドの降格処分を受けた上に完走を果たすことができず、後者は新しいエンジンに交換してもパワー不足に悩まされた。

ホンダはコンストラクター及びエンジン供給元として1964年からF1に参戦してきたが、ハイブリッド式のパワーユニットを使用する現在のエンジン規定では低迷が続いていた。

■悲惨な状況

一方、2018年限りでパートナーシップを解消すると報じられているルノーとレッドブルからの発表はなかった。2013年までの4シーズンにわたりドライバーズ選手権とコンストラクターズ選手権を制してきた両社だが、2014年に複雑なハイブリッド技術が導入されて以降は対立が続いている。

ホンダのコンストラクターズ選手権での成績は、1967年と2006年の4位が最高となっているものの、アラン・プロスト氏や故アイルトン・セナ氏がF1界を席巻した1980年代後半から90年代前半にかけては、マクラーレンやウィリアムズにエンジンを供給し、数々のタイトル獲得に貢献してきた。

日本の自動車メーカー大手であるホンダは、世界的不況に対抗するためのコスト削減で2008年にF1から撤退すことになり、チーム運営はロス・ブラウン氏に引き継がれることになった。

2015年には再びマクラーレンとタッグを組んだホンダだが、ドライバーの最高順位は6位止まりという悲惨な状況が続いており、その名声に深刻な打撃を受けている。今度はレッドブルのジュニアチームであるトロ・ロッソと手を組み、その命運を託すことになったが、理想の状況からは程遠い状況となっている。

トロ・ロッソのテクニカルディレクターを務めるジェームス・キー氏は、「厳しい状況に立たされている時期ではあるが、トロ・ロッソは過去にも多くの難題に直面して柔軟に対処してきた」と述べた。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
外国人「日本の電車でこれを目撃して衝撃を受けた...」海外ではありえない状況
猫はかわいい。鳥もかわいい。合体させたら無双じゃね?コラ職人が試してみた。
「安室引退」速報後、ツイッター人気ぶっちぎり1位を奪った「マーリン」って誰?
サンシャイン池崎、現在の預金残高を告白
武井咲主演「黒革の手帖」の打ち上げで流された「衝撃映像」に共演者ドン引き!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加