最新ランキングをチェックしよう
大谷父が代弁 たとえマイナーでも「そこでやってみたいのでは」

大谷父が代弁 たとえマイナーでも「そこでやってみたいのでは」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

日本ハム・大谷の名前「翔平」は、父・徹さん(55)が「翔」の字の羽ばたくというイメージに好感を抱いて付けた。願いを込めた通りに次のステージへと飛び立っていく息子の思いを、父は「早い時期に行けばマイナーだろうとプレーできる。そこで自分のパフォーマンスを発揮してやってみたいのでは」と代弁した。
 高3時に大リーグ希望を表明しながら一転、日本で過ごした5年間。徹さんは「本心で言うと日本でやってくれたこと

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【またかよ】「都道府県の魅力度ランキング2018」が発表される → 最下位は6年連続で...
代表初ゴールの堂安律、酒井に感謝「俺の形のところに出してくれた」
【セルジオ越後】「リトルビッグ3」のスタート!問われるのは”継続性”だ
「温泉に入っただけ」で男性が4年間も意識不明に その原因に「背筋が凍る」
吉田羊に「壁ドンされたい」の声続々...「中学聖日記」2話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加