最新ランキングをチェックしよう
大谷父が代弁 たとえマイナーでも「そこでやってみたいのでは」

大谷父が代弁 たとえマイナーでも「そこでやってみたいのでは」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

日本ハム・大谷の名前「翔平」は、父・徹さん(55)が「翔」の字の羽ばたくというイメージに好感を抱いて付けた。願いを込めた通りに次のステージへと飛び立っていく息子の思いを、父は「早い時期に行けばマイナーだろうとプレーできる。そこで自分のパフォーマンスを発揮してやってみたいのでは」と代弁した。
 高3時に大リーグ希望を表明しながら一転、日本で過ごした5年間。徹さんは「本心で言うと日本でやってくれたこと

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
日本政府に見捨てられた「公安スパイ」の悲惨すぎる肉声
腰を抜かすサイズ...かつて地球上に存在した巨大動物10種
タイヤの代わりに吸盤を付けた車を走らせるとどうなるのか? 実際にやってみたらこうなったっていう動画
木下優樹菜、水筒禁止...学校側の熱中症対策に疑問「職員室はクーラーついてる」
「史上最低のタックル誕生?」CL予選で敵に“ドロップキック”をお見舞いする衝撃の退場劇!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加