中国人の間で関心高まる「日本ならではの食」 ラムラ餐飲上海  呉雯嵐  総経理

中国人の間で関心高まる「日本ならではの食」 ラムラ餐飲上海 呉雯嵐 総経理

  • WEDGE
  • 更新日:2017/10/12
No image

ラムラ餐飲上海は日本の総合フードサービス会社、ラムラの中国子会社。ラムラが経営する飲食店のうち、「土風炉」(とふろ)と「鳥元」の2ブランド、2店舗を上海で展開している。日中を行き来する呉雯嵐・総経理に、上海での日本料理人気や、中国人観光客の嗜好、インバウンド事情などについて聞いた。

――上海には日本料理店が多いと思いますが、御社の特徴を教えていただけますか?

呉氏:確かに上海には日本料理が大好きな人が多く、日本料理店は至るところにあります。私は上海出身で、ラムラでは「過門香」「石庫門」などの中華料理店の立ち上げに携わりました。中国から著名な料理人を招聘し、日本に本格的な中華料理店を作ることができましたが、一方、上海でも本格的な日本料理を求める声が高まってきたことから、「土風炉」と「鳥元」をオープンしました。日本人の料理人が本当の味を提供し、日本風ではなく、ホンモノの日本の味を提供するお店となっています。

――居酒屋と焼き鳥屋ですね。

呉氏:日本文化に興味がある人は「居酒屋」という日本語も知っています。中国にはもともとない形態ですね。「土風炉」は日本での店舗は江戸の町を再現したような和風のデザインなのですが、上海では現代的なデザインになっています。「鳥元」は焼き鳥や串焼きの専門店です。今年、日本の人気テレビ番組「深夜食堂」が上海でも放送され、一躍有名になりました。日本の本格的な味を求める中国人はもちろん、上海に住む日本人のお客様にも喜ばれています。

上海で行なわれている日本料理教室

特徴的なのは、飲食店としてだけでなく、「土風炉」で日本料理の教室を開催している点でしょうか。毎月1回、中国人を対象に行っているもので、参加者はOLや会社員など。男性もいます。9月の料理教室では「秋刀魚の照り焼き大葉巻き」と「秋茄子と海老の挟み揚げ」を作りました。ただ日本料理を食べるだけでなく、自分でも作ってみたい、体験してみたいという希望者が増えているからです。

――おもしろい取り組みですね。他にも上海でユニークな取り組みをしているのですか?

呉氏:日本から酒蔵の方を招待して中華料理に合う日本酒を飲む会を催したり、和食とワインを味わうワインパーティーを開いたりしています。場所は主に「土風炉」で、中国人と、上海在住の日本人の両方が参加しています。

また、マグロの解体ショーなども好評です。これは飲食店とは別に、上海の日系企業などからの要望で行っているビジネスで、大規模な催事などのメインイベントの一つとして行っていますが、とても好評です。中国人もマグロの刺身やお寿司が大好きですが、マグロの解体ショーを見たことがある人はまだ少ないので、興味を持つ人が多いのです。このように、日本料理を食べるだけでなく、自分で料理を作ってみたり、まだ見たことのないイベントを開催することで、日本旅行への関心も高まると思っています。

No image

マグロの解体ショー

――実際、上海でさまざまなイベントを行うことによって、日本のラムラ系列の飲食店へのインバウンドは増加しましたか?

No image

上海の「土風炉」で提供している料理

呉氏:はい。日本、そして日本料理への関心が高まり、上海と東京のラムラが協力することで、日本の店舗への予約は非常に増えています。東京本社に予約センターがあり、そこでラムラグループの予約を受けています。個人や団体からの電話や、ウィーチャットのメッセージから予約が入ってくることもあります。

上海の日本国総領事館や日本の大手企業などが集まって日本の情報を提供しているウィーチャットの公式アカウント『日本軽奢游』や中国の有名な飲食店予約サイト『大衆点評』、さらに中国や日本の旅行会社からも予約できるようになっています。

「土風炉」を始め、中国のSNSで得た情報によって日本料理の知識が増え、「日本に行って、ぜひ〇〇を食べたい」という具体的な欲求が高まっているのだと思います。幸い、弊社には懐石料理、フランス料理、中華料理など一通りの料理店が揃っているので、お客様のご要望にお応えできていると思っています。

――どのような予約が増えているのでしょうか?

No image

ラムラ餐飲上海 呉雯嵐総経理

呉氏:問い合わせ内容はさまざまですが、最初から弊社系列の店名を知っていてピンポイントで予約してくる人や、漠然と「懐石料理を食べたいのだけど、どういう店がありますか?」という場合もあります。最近の傾向は、こだわりのある人が増えてきているということです。たとえば、「日本酒の『十四代』を飲みたいので、置いてある店に行きたい」とか、「まだ食べたことのない珍しい料理はありますか」、「高級な焼肉が食べたい」などのリクエストです。

とくに急激に増えているな、と感じるのは「和牛」の人気です。弊社には山形牛を食べられる店がありますので、そこをおススメしています。また、ステーキの専門店もありますが、フランス式のステーキを日本の和牛で食べられる店も人気があります。

――刺身や天ぷらといったかつての日本料理のイメージを超えて、知識が増え、嗜好も多様化してきているのですね。

呉氏:その通りです。日本の観光資源の中でも、美食は今後、中国人のインバウンドの重要なキーワードになるでしょう。懐石料理ももちろんいいのですが、ミシュランで評価された西洋式のレストランにも行ってみたいし、有名なラーメン店にも行きたい。居酒屋にも、焼き肉にも行きたい、ふぐの専門店にも、スイーツの店にも行きたい、何でも体験してみたい、と思っているのが今の中国人です。畳に直に座るお席などは大丈夫か、心配もあるのですが、お客様の中には「わからないけど、とりあえず、体験してみたい」という声もあります。

お酒も産地の違うさまざまなワインや、希少な銘柄の日本酒、珍しいお酒にも興味があります。中国ではあまり食べられないもの、日本ならではの食べ物、飲み物への関心は、かつてないほど高まっているといっても過言ではないと思います。

――なるほど。そうすると、従来はインバウンドにはあまり関係がないと思われていた店舗やジャンルにとっても、希望が持てますね。

呉氏:そうですね。ただ、たとえば同じ「和牛」でも、中国人が検索してヒットしなければ、知名度は上がりませんし、いい料理を提供していても、探してもらうきっかけができません。弊社は上海の2店舗やイベントなどを通して知名度を上げ、日本に行けば、こういう店を紹介できる、というルートを構築できたので、その点、とてもよかったと思います。

中国人が求めているのは「本場の味」「ホンモノの味」です。日本には無数の飲食店がありますが、中国人は「ここは日本人にも人気があるお店なのか?」ということを気にします。日本人に人気があって、日本で高く評価されているものを中国人も好んでいる、ということが、今後を占う上でひとつのポイントになってくるのでは、と思っています。

▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
きゃわゆうう~い、ひよこちゃんだっ! チキンラーメンの「メレンゲしろたまメーカー」が当たるキャンペーン始まるよ♪
【100均検証】ダイソーの「インスタントコンロ(300円)」でサンマを焼いたら大変なことになった
日本に行ったらまず口にしたい食べ物ベスト10を挙げてみた=中国メディア
カルディで売ってる「世界No.1インスタント麺」の美味しい食べ方 / ○○を入れると究極進化! 腰を抜かすウマさに!! マレーシア『ホワイトカリー麺』
ガツンとくるこんな料理が食べたかった【こぐれひでこの「ごはん日記」】

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加