甘かった? アン・シネのセクシー・バブル崩壊で次の注目株は?

甘かった? アン・シネのセクシー・バブル崩壊で次の注目株は?

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/12/06
No image

人気が急落中のアン・シネ (c)朝日新聞社

「通過できると思っていた」

女子プロゴルフ日本ツアーの来季前半戦の出場権を争うファイナルQT(クォリファイングトーナメント)が11月28日から12月1日までの4日間行われ、“セクシークイーン”として注目を集めたアン・シネ(26)は7オーバー71位に終わり、来季前半戦の出場権が与えられる目安の“30位前後”には遠く及ばなかった。

【写真特集】セクシー対決!アジアの美女ゴルファーが集結

「甘いですよ」と言うのはゴルフ担当記者だ。

「彼女がこのコースで練習ラウンドをどれだけしたかというと、最近は日本にいたのに1回だけ。ベテランでもレギュラーツアーを休んでこのコースに来て練習してた人もいたし、勝みなみなんて計5回もやってたのに」(同前)

さてさて、今季の日本女子ゴルフ界で“強さ”ではなく“ビジュアル”で旋風を巻き起こしたアン。その業界内の評判をゴルフ記者に聞いてみると……。

「初登場はゴールデンウィークに行われた大会で、日本テレビが主催者でもあったので読売グループが力を入れて話題作りして、それがハマりました。以降注目され、総来場者が1万数千人のときに“アン・シネ人気で1万人”なんて見出しが付き、現場で彼女を熱心に見ていたギャラリーを数えると、せいぜい100人(笑)。マスコミが盛って盛って盛りっぱなしで」

インターネットにアン・シネの写真をアップするとアクセス数がガンと上がったという。

「需要ができちゃったから我々もフォローしなくちゃいけなくなってね。ゴルファーとしては全然だけど、テレビインタビューのときは必ず口紅を塗り直して臨むし、サインは断らないし、対応が良いのでファンが増えていきましたよね」(同前)

ただ、性格のほうはというと……。

「マスターズGCレディースでクラブが1本多かったことに翌日気付いて8打罰となり、ショックで第2ラウンドから“体調不良”で棄権しました。それをキャディーのせいにしていた。そもそも主催者推薦での出場だったんだから棄権は失礼です。しかもスポンサーの社長とホテルで鉢合わせして『サイン会ぐらいしてよ』と言われたのにせず、社長は怒っていたそうです」

その評判はボロクソなのだ。ちなみに日本の女子ゴルファーたちからはどう見られていたかと言うと、「そんなに可愛い? (キム・)ハヌルのほうが可愛いよ」との声も。

「勝みなみや小祝さくらのほうがいい」(前出ゴルフ記者)

(岸本貞司)

※週刊朝日  2017年12月15日号

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ソフトB和田トホホ...ボールが“木登り”
宮里優作は暫定6位 アジア最終戦第2日は日没順延
優作 日没サスペンデッドで暫定5差6位、雷雲接近で一時中断
松山は涙を糧に強くなる、全米プロV逸で「次」確信
鈴木愛「取り入れたい」桐生祥秀からオフトレ法伝授
  • このエントリーをはてなブックマークに追加