今年発売の「iPhone XI」は背面パネルとカメラが一体化する?

今年発売の「iPhone XI」は背面パネルとカメラが一体化する?

  • iPhone Mania
  • 更新日:2019/04/26
No image

リーク情報で知られるOnLeaksとインドのCashKaroが協力し、今年秋の発売が見込まれるiPhoneの3Dレンダリング画像を作成、新たな情報と合わせて公開しています。

背面パネルとカメラが一体化?

OnLeaksらによると、2019年秋発売となる5.8インチの「iPhone XI(仮称)」のサイズは143.9×71.4×7.8ミリで、現行のiPhone XS(143.6×70.9×7.7ミリ)よりもわずかに大きくなります。またノッチの厚みとベゼルの幅が、若干狭まるようです。

No image

それよりも興味深いのは、次期iPhoneの背面パネルが、やや外側に張り出したカメラレンズ部分を含め、継ぎ目のない、一体化した1枚のガラスになると記されていることです。

No image

クオ氏も「カメラが目立たなくなる」と予想

レンダリング画像では、確かにカメラ部分が背面パネルと一体化しているように見えます。レンズはこれまでの噂を踏襲し3個がLEDフラッシュとともに、四角い枠内に収められています。

カメラの突起が目立たなくなるというのは、アナリストのミンチー・クオ氏の予想とも一致しています。ただし同氏の予想は、「特殊コーティングが施される」というものでした。

サイレントスイッチが上下切り替えに

OnLeaksは今年1月にもインドメディアDigit Indiaと協力して、次期iPhoneのレンダリング画像を作成していますが、その時と比べると背面のマイクの位置が若干移動しています。

もう1点のデザイン上の大きな変化は、着信/サイレントスイッチが現在のような右・左に切り替える形ではなく、旧型iPadのように上下に動かす形になっているところです。

なおOnLeaksは、今年のiPhoneもLightningコネクタを引き続き搭載し、USB Type-Cの採用は見送られると予想しています。

Source:CashKarovia9to5Mac
(lunatic)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
デュアルレンズ新型iPhone XRの画像登場!
Appleが開発中と噂のARメガネ「Apple Lens」のコンセプトデザイン
噂の16インチMacBook Pro、Samsungが有機ELディスプレイを供給?
15年前、スティーブ・ジョブズが「Apple Card」を計画していた
そろそろChromeにオサラバ、Safariに戻ったほうがよい理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加