中国の3DCGアニメ映画「西遊記」宮崎吾朗が日本語版吹き替えを監修 公開日も明らかに

中国の3DCGアニメ映画「西遊記」宮崎吾朗が日本語版吹き替えを監修 公開日も明らかに

  • アニメ!アニメ!
  • 更新日:2017/10/12
No image

(c)2015 October Animation Studio,HG Entertainment

もっと画像を見る
2015年に中国で公開され、興行収入約192億円を記録したアニメーション映画『西遊記 遊記之大聖帰来』(原題)。このたび邦題を『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』として2018年1月13日より全国公開されることが決定した。あわせて本作の日本語吹替制作監修をアニメ監督・宮崎吾朗が担当することも明らかとなった。

『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』は、西遊記をモチーフに中国の田暁鵬監督が手がけた3DCG長編アニメーションだ。三蔵法師の前世である少年・江流児と、五行山の岩から500年ぶりに解き放たれた孫悟空による冒険を描く。

このたび本作の日本語吹き替えの制作監修を宮崎吾朗が務めることが決定。宮崎は『ゲド戦記』や『コクリコ坂から』などのスタジオジブリ作品を手がけ、最近では『山賊の娘ローニャ』で国際エミー賞のアニメーション部門の最優秀賞を受賞したアニメ監督だ。
宮崎は「生まれて初めて観た中国の3DCGアニメーション映画、『西遊記之大聖帰来』。それは、驚くほど面白かった。僕は目からウロコが何枚も落ちた」と本作を始めて見たときの衝撃をコメント。さらに「この日本語吹替版が、原語版の魅力を損ねず、日本の観客への橋渡しとなりますように」と意気込みを示した。

一方、監督の田は「中国の「西遊記」のファンは、長く赤いマントを首に巻き裾をたなびかせている悟空の姿を愛しています。この紅の布が日中両国の映画ファンの心をつなぐような絆になることを願っています」と日本のファンへメッセージを送った。

(c)2015 October Animation Studio,HG Entertainment

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
斎藤工・企画クレイアニメの制作現場に潜入!~『映画の妖精 フィルとムー』はこうして作られた~
いい濡れ場は馬鹿な濡れ場。田舎セックスが“すげー良い!!”映画『ローリング』
新垣結衣「モニタリング」で男装!?逃げ恥の平匡ライトとのコラボに視聴者大興奮!
日ハム・栗山英樹監督、大泉洋主演映画「探偵はBARにいる3」に出演!
山崎賢人、主演映画舞台あいさつに出席「ハッピーになれる映画」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加