口から出るのは「もう飲まないでね」の言葉 アルコール依存症を描いた実録漫画『酔うと化け物になる父がつらい』コミックスが発売

口から出るのは「もう飲まないでね」の言葉 アルコール依存症を描いた実録漫画『酔うと化け物になる父がつらい』コミックスが発売

  • ねとらぼ
  • 更新日:2017/09/15
No image

Webコミック配信サイト「チャンピオンクロス」にて連載されていたアルコール依存エッセイ『酔うと化け物になる父がつらい』(著・菊池真理子)のコミックスが9月15日に発売されます(関連記事)。価格は900円(税別)。

『酔うと化け物になる父がつらい』(秋田書店)

『酔うと化け物になる父がつらい』は、父親がアルコール依存症だったと気づいた作者・菊池真理子先生の実体験を描いたノンフィクション漫画。そこではお酒を飲むと人が変わったようになる父親と、それによって徐々に家族が崩壊していく様が当時の菊池さんの目線で描かれ、哀しみの中でさまざまなことを考えさせられる内容となっています。

No image

作者が子どもの頃から酔っぱらってばかりの父親が描かれます

第1話から母が自ら命を絶つというかなりヘビーな展開ですが、反響をもらうまでは「酔った父はイヤだけど、このくらいなら普通の範囲じゃないか」と思っていたという菊池先生。それでも読者から多くの共感の声が寄せられ、ようやく「つらかった」と言っていいんだと心の底から思えるようになったといいます。

そしてこの本が、そういった人の存在を知るきっかけ、また今後を考えるための一助となってくれたらとコメントしています。

No image

菊池先生のコメント

なお、同漫画の連載は「アルコール依存症セミナー」を受ける担当編集者の友達・鈴木君に同行したのがきっかけですが(関連記事)、そのアルコール依存症が疑われた鈴木君のその後も公式Twitterによってツイートされています。そこでは「父が死んでから思い出すのは、負の思い出ばかりです」とメールで話す鈴木君が描かれ、複雑な彼の背景も。それでも、酔い潰れては奥さんを苦しめる行動が許されて良いわけもなく……家族って難しい。

気になる方は第1話から第3話までが現在「チャンピオンクロス」にて公開されているので、試し読みしてみるといいでしょう。また菊池先生への感想もこちらから送ることができます。

No image

何度も口から漏れる「もう飲まないでね」

No image

同い年の彼氏・太一の存在もかなり衝撃的です

No image

家族について考えさせられる作品です

(C)菊池真理子(秋田書店)2017

(宮原れい)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ダッシュエックス文庫のマンガページがニコニコに、「自重しない~」など掲載
漫☆画太郎、渾身の“新連載”「珍ピース」で22年ぶりジャンプ登場も3Pで打ち切り
秒速で笑えるマンガ『捉え方』ボンレスマム|かわベーコン
ASUKAで杉崎ゆきる「1001」が完結、「恋愛フラグ0女子」の右野マコら読み切り
前野智昭&興津和幸が出演、「俺のパンツが人質にとられています」ドラマCD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加