侍J外崎が先制三塁打 所属西武との練習試合

侍J外崎が先制三塁打 所属西武との練習試合

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/13
No image

2回、右中間に適時三塁打を放った侍ジャパン・外崎=清武SOKKENスタジアム(撮影・堀内翔)

「練習試合、日本-西武」(13日、清武SOKKENスタジアム)

侍ジャパンが二回に外崎の適時三塁打などで先制に成功した。

先頭の山川が四球で出塁し、続く上林は一ゴロで1死一塁。カウント1-2から外崎は本田の122キロ変化球を右中間へはじき返し、適時三塁打とした。なお1死三塁では、松本の中犠飛でこの回2点を先制した。

三回も1死一塁から近藤健が適時二塁打を放ち、追加点。16日からの本戦前最後の実戦で、序盤に3点を奪う形となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FA増井、監督出馬のオリに「熱意感じる」
「もういいや」と捨て身の覚悟!? サンシャイン外崎が西武ファン感で絶叫
二刀流起用の本気度で計った大谷翔平獲得の本命球団とは?
西武牧田「7年間過ごせてよかった」 ファン感で“ラスト”サブマリン
NMB48山本彩に野球について聞いてみた 野球にハマったきっかけは?さや姉熱弁の“おすすめ&注目選手”は?<インタビュー>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加