柴崎、スペイン2強から衝撃ゴール...現地紙「レアルの次はバルサを打ちのめす」

柴崎、スペイン2強から衝撃ゴール...現地紙「レアルの次はバルサを打ちのめす」

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/09/17
No image

バルサ相手にスーパーゴールを決めた柴崎岳 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳が、16日に行われたリーガ・エスパニョーラ第4節のバルセロナ戦に先発出場し、スーパーゴールを叩き込んだ。39分、右サイドからのクロスを味方FWがヘッドでつないだところを、ダイレクトで左足を一閃。強烈なボレーシュートをゴール右上隅に突き刺し、ホームの観衆を沸かせた。

#柴崎岳がバルサ相手にスーパーボレーをたたき込んだ!#ラ・リーガ第4節#ヘタフェ×#バルセロナを観るならhttps://t.co/u4BaoHt81Qで。#テレビでDAZN📺pic.twitter.com/RvhY4dFnuQ

— DAZN ダ・ゾーン (@DAZN_JPN)September 16, 2017

これでスペイン2強のレアル・マドリードとバルセロナから、それぞれゴールを奪った初の日本人選手となった。柴崎は当時鹿島アントラーズに所属していた昨年12月に、FIFA クラブワールドカップ ジャパン 2016決勝のレアル・マドリード戦で2ゴールを挙げて、世界にその名を轟かせた。そして今回、バルセロナを相手に衝撃的なゴールを決め、現地メディアもこぞって取り上げている。

『マルカ』紙は、クラブワールドカップで柴崎が「2ゴールでレアル・マドリードを苦しめた」ことを踏まえ、「ガク・シバサキ、今度はバルサ」とのタイトルで伝えた。

バルセロナに本部を構える『La Vanguardia』紙は「シバサキがレアルの次はバルサを打ちのめす」とのタイトルで報道。「レアル・マドリードから2得点を挙げたことで、欧州でも知られ始めた」と同じくクラブW杯での活躍を引き合いに出しつつ、今回のゴールで「ガク・シバサキはリーガ・エスパニョーラで名声を得始めている」と評価した。

また、『アス』紙によると、柴崎はリーガ1部で得点した6人目の日本人選手となった。これまで城彰二氏(バジャドリード/通算2ゴール)、大久保嘉人(マジョルカ/通算5ゴール)、家長昭博(マジョルカ/通算2ゴール)、清武弘嗣(セビージャ/通算1ゴール)、乾貴士(エイバル/通算6ゴール)が得点を記録していた。

なお、バルセロナは今シーズン開幕からリーグ戦3試合連続で完封勝利を収めていたが、柴崎のスーパーゴールによって初失点を喫した。さらに、昨シーズンの最終節ではエイバルの乾に2得点を決められていたため、日本人選手に連続でゴールを許す形となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ネイマール欠場のPSG、今季初の無得点で公式戦の連勝記録「7」でストップ
アウェイで勝ち点3を獲得したチェルシー...モラタの活躍に指揮官もご満悦
「希望の星だ!」「恐れを知らない仕掛け」 強豪ポルト戦で輝いた中島翔哉を地元紙が賞賛
長谷部の魂の“首ブロック”をブンデス公式特集 ファン称賛「SAMURAI」「ザ・ファイター」
小林祐希が左足ミドルで大殊勲弾! 地元紙が「ウルトラショット」「自信満々の一発」と称える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加