最新ランキングをチェックしよう
江戸の町を徘徊する愚人「蔵前おばあ」の正体

江戸の町を徘徊する愚人「蔵前おばあ」の正体

  • BEST T!MES
  • 更新日:2017/09/15

イラスト/フォトライブラリー
『江戸の性事情』(ベスト新書)が好評を博す、永井義男氏による寄稿。

 享保(1716~36)のころ、浅草の通りや両国橋のあたりを毎日徘徊する、「蔵前おばあ」と呼ばれる有名な愚人がいた。「おばあ」という名が付いていたが、れっきとした男である。
 むさくるしいかっこうをして、手足は泥でよごれていた。
 馬方に引かれた馬が通りかかると、後から近づいて肛門をのぞこうとして蹴

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
“リア・ディゾンの再来”アンジェラ芽衣、最高級ボディで釘付け
父から広めて欲しいと送られてきた「土砂を土嚢袋に簡単に入れる方法」動画が話題に!【災害ライフハック】
ミニーちゃんのキレのある反撃が話題に笑「2秒で笑える」「無駄のない動き!」「頼りになる彼女だ」の声
<コラム>中国人客を「そんなに文句があるなら来るんじゃねーよ」と追い返した夫
歴史的大コケ!中国の126億円超大作が公開3日で打ち切り、評価が低いのはなぜか―中国紙
  • このエントリーをはてなブックマークに追加