最新ランキングをチェックしよう
フランス人男が“ごみに火”疑い 長野の連続不審火

フランス人男が“ごみに火”疑い 長野の連続不審火

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/18

ごみ置き場に火を付けた疑いで、フランス人の男が逮捕されました。 器物損壊の疑いで逮捕されたのは、長野県松本市の無職でフランス国籍のケビン・フランシス・クータン容疑者(28)です。警察によりますと、クータン容疑者は16日午前6時20分ごろ、松本市内の工場の駐車場で、シートやごみに火を付けて焼いた疑いです。クータン容疑者は警察の調べに対し、「覚えていない」と容疑を否認しているということです。周辺では別

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
道路のチョークの印、昔は駐禁いまは...? 京都府宇治市の画期的な取り組みとは
大卒より高卒が有利になるってホント?
東大、東北大...国立大学で進む「雇用崩壊」の大問題
「医療費控除の確定申告が変わる」ツイートに戸惑いの声 「領収書の代わりに明細書が必要」の意味を国税庁に聞いた
「急に軽く...」2人乗り自転車から落ちた女性重体に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加