「会議室で優しい愛撫」「騎乗位を強制」コンプレックスが吹っ飛んだセックス体験談!

「会議室で優しい愛撫」「騎乗位を強制」コンプレックスが吹っ飛んだセックス体験談!

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2019/05/15

「聞いて~! また彼氏ができたの~」とイケメンの写真を見せてきた友人M。ついこの間、別れた話を聞いたのに、もう新しい彼氏ができたとのこと。Mとは中学時代からの仲ですが、高校デビューしてからはとにかくモテまくり、私が知っている限りでは彼氏が途絶えたことがありません。そう聞くと“スラリとした美女”をイメージする方が多いかもしれませんが、Mはいわゆる“ぽっちゃり女子”。

中学時代はぽっちゃりを気にして、常にオドオドしていたMですが、中学3年のときに初めてできた彼に、「ふくよかなところがMの魅力なんだから、恥ずかしがる必要なんかない」と言われたことをキッカケに生まれ変わりました。

あれから10年余り……。たわわな胸と全身の柔らかさを生かして“胃袋ではなく、セックスで男を掴む”までに成長(?)したMですが、コンプレックスを受け入れ、“チャームポイント”とまで言ってくれた彼には、今でも感謝しているそうです。

たしかに私も、自分がコンプレックスだと思っていることを褒められたり、受け入れてくれる男性と出会うと思わずキュンときてしまいます。「Mの話、もはやマンガにできそう……」とふと思い、まんが王国で探してみたら、出るわ出るわ! コンプレックスを題材にしているTL作品って、意外に多いんですね!

ぽっちゃり体形で「痩せなくたって、そのままでいい」

No image

まずは無料で試し読み!

『ぽっちゃり彼女とスイーツ彼氏 アナタとトロあまセクササイズ』は、Mと同じく“ぽっちゃり女子”がヒロインの作品。スイーツ大好きなぽっちゃりOLのまゆは、同僚の亮と社内恋愛中。そんな中、社内レクリエーションで海に行くことになり、水着を着こなすためまゆは食事制限やランニングを始めますが、目標体重までは、まだまだ……。

そこで亮から提案されたのは、なんと“エッチしまくりダイエット”! 指で敏感な部分を刺激され、「上に乗って自分で動いてみて。そのほうが運動になる」と騎乗位を促され……。その後はバックで激しく何度も突かれ、たくさんイカされてしまいます。その結果、無事に痩せることに成功するのですが、今度は社内の男子が寄ってきて――!?

まゆと同じくスイーツが好きな亮は、まゆが多少ぽっちゃりしていても気にしていない様子。むしろ「痩せなくたってお前はそのままでいい」と、まゆのコンプレックスを受け入れてくれています。それでも、「痩せたい」というまゆの意思を尊重し、協力(という名のH)までしてくれるなんて……こんな人が彼氏なら、心から自分を開放したセックスが楽しめそうですよね!

胸のコンプレックスが「かわいい」!?

No image

まずは無料で試し読み!

『小さい胸は感度がイイ』も、同じくコンプレックスを抱えたヒロインの作品。主任として周りから慕われている綾乃ですが、仕事のプレッシャーから体重が減り、貧乳になってしまったことにコンプレックスを感じていました。ある日、後輩男子の古賀に、ブラジャーがガバガバなことを知られてしまい、必死に取り繕う綾乃でしたが、「むしろ今の島崎さん、めちゃくちゃかわいいです」とキスされて――。誰もいない夜のオフィスで、コンプレックスだった小さい胸を優しく愛撫され、敏感なところを刺激され……「俺……もっと島崎さんのかわいいところが見たいです」なんて言われたら、こばめないのも頷けます……!

以降、古賀と会社で顔を合わせても意識してしまったり、二人きりの会議室で絡まり合ってしまったり……。社内というスリリングさもドキドキします。

私が見る限り、綾乃は決して“貧乳”ではないのですが、綾乃が自分自身でそう思っている限り、それはコンプレックス。何よりも隠したかったそのコンプレックスを受け入れ、「かわいい」と言ってくれた古賀には、きっと心まで救われたのだと思います。

ぽっちゃりや、小さな胸以外にも、誰しもがどこかしらに抱えているコンプレックス。受け入れてくれる男性ばかりではないのが現実ですが、まずはまんが王国で予習して、“その時”に備えましょう!

まんが王国

※当記事はPRです

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「牡牛座女子」がモテる理由
「噛んでくる彼氏」の心理
マイナビウーマン
人間関係の修復に、「ごめん」と謝るより大切な5つのこと
10の質問でわかる【恋に溺れやすい度】好きな人ができたら頭の中はそれでいっぱい?
男性が本気ではない女性にする行動4つ よーく見極めてみて!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加