大型補強のパリSG、1月は売る側で注目か...ディ・マリアら5選手の売却検討

大型補強のパリSG、1月は売る側で注目か...ディ・マリアら5選手の売却検討

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/09/17
No image

今夏の移籍市場でFWネイマールとFWキリアン・ムバッペを獲得するために約4億ユーロ(約530億円)を費やしたとされるパリSG。1月の移籍市場では、5選手を売却する方針のようだ。『EPSN』が伝えている。

その5選手とは、MFアンヘル・ディ・マリア、MFユリアン・ドラクスラー、MFルーカス、MFハビエル・パストーレ、GKケビン・トラップだという。

ディ・マリアは今夏、ネイマールと入れ替わりでバルセロナに移籍すると見られていた。また、アーセナル行きが噂されていたドラクスラーに対して、マンチェスター・ユナイテッドも興味を示していた。

なお、この5選手は5試合を終えたリーグ戦で、ディ・マリアが4試合(うち先発4試合)、ドラクスラーが3試合(先発1試合)、ルーカスが1試合、パストーレが4試合(先発2試合)、トラップが出場なしとなっている。今夏の移籍市場で注目の的となったパリSG。今度は売る側として注目されるのだろうか。

●欧州移籍情報2017-18

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カバー二 PK譲れば1億円
“黄金の左足”は健在! 英雄ギグスの豪快ボレー弾を英紙絶賛「現役時代がフラッシュバック」
ネイ移籍以降 PSGが火事場
「オカザキに自由を奪われたんだ」 リバプール守護神が強く主張する“ふたつの誤審”
岡崎慎司がまた決めた! リバプールを相手に身体を張った気迫の一撃!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加