「自殺少女写真」黒石市が"入賞取り消し"を撤回...結局「市長賞」で賛否

「自殺少女写真」黒石市が"入賞取り消し"を撤回...結局「市長賞」で賛否

  • Yomerumo
  • 更新日:2016/10/19

青森県黒石市の写真コンテストで、今年8月に自殺をした浪岡中学校2年の葛西りまさん(当時13歳)が被写体だったことを理由に「黒石市長賞」の受賞が取り消された問題で、19日に黒石市長が会見し、入賞取り消しを撤回すると発表したことが報じられています。

今回の市長賞取り消しをめぐっては、市の窓口に全国から抗議の電話やメールなどが殺到し、SNS上でも市の対応を批判する声が上がり続けていることが報じられていました。

今回の「入賞取り消し撤回」を受けて、ネット上では

「取り消す理由がわからなかったので、このような結論になって良かったと思う。」「結果的に黒石市の大きなイメージダウンとなった」「何もわかってないし謝罪する気が無いどころかなぜダメなのかもわかっていない清々しいくらいの自己保身。」「入賞取り消されメディアに叩かれて市長賞を贈るったって御両親喜ばないだろ」「最初からそうやっとけよ! 」「世論は強いね。」「じゃあ最初から取り消しなんかするな」「もう遅いわ」

など、賛否さまざまな声が上がっています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
札幌 29年ぶり大雪、積雪65センチ
交際相手の父親ら4人殺傷、韓国籍の男に懲役28年
台湾初の「慰安婦記念館」 台北市にオープン
栃木・壬生の「おもちゃ団地」でチャリティーバザール
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加