バンナム、ゲームの人工知能キャラをWebでの会話で学習させてアップデートするプロジェクトを開始

バンナム、ゲームの人工知能キャラをWebでの会話で学習させてアップデートするプロジェクトを開始

  • MdN
  • 更新日:2016/10/18
No image

育成対象キャラクターの「プレミア」

株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、2016年10月27日(木)発売のPlayStation 4 / PlayStation Vista用ソフト「ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-」のスピンオフ企画として、「人工知能少女育成プロジェクト CODE ZERO:PREMIERE」を開始した。AI(人工知能)のキャラクター「プレミア」がゲームの世界を飛び出し、Webの世界でユーザーとの会話で「ことば」を学習することで、成長しながら人格を形成していく実験的プロジェクト。育成されたキャラクターは、発売後のアップデートでゲーム内への実装が予定されている。

「ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-」は、仮想現実のオンラインゲームをテーマにした人気作品「ソードアート・オンライン」のゲーム化最新作だ。物語は、本プロジェクトのNPCの少女「プレミア」との出会いから始まる。MMORPGらしさは残しつつ、よりアクション性を高めたシステムが採用され、オンラインではプレイヤー4人とパートナー4人の擬似8人パーティでの冒険も可能となった。

今回の育成プロジェクトへの参加には、Twitterアカウントが必要。スマートフォン用の特設Webサイトにアクセスすると、ユーザーの過去ツイートから「プレミア」が「ことば」を吸収して学習する。Webサイト上でチャット会話を行うことでも「プレミア」は学習。そのプロセスによって感情のパラメーターが変化し、キャラクターの人格が形成 / 成長していく。なお、特設Webサイトでは、独特の形状や画風を保ったまま2D画像を立体的に動かせる独自の表現手法Live2Dが採用された。
(c)2014 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAOⅡ Project©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

No image

「人工知能少女育成プロジェクト CODE ZERO:PREMIERE」
URL:http://premiere.sao-game.jp

株式会社バンダイナムコエンターテインメント
URL:http://hr.sao-game.jp/
2016/10/18

▷こちらもおすすめ

KAWASAKI、ライダーとAIが会話してバイクを独自進化させる次世代モデル発表

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
萌え殺されるほどカワイイ巨獣と少年の絆を描くゲーム「人喰いの大鷲トリコ」プレイレビュー、「ICO」と「ワンダと巨象」のいいとこ取り
PlayStation 4の世界累計販売台数が5000万台を突破、PS3の8000万台に届くのか?
今週の1位は「シャドバース」このカードたちで環境が変わることが予測されるのでは...?、2位は「シャドウバース」ビショップの時代は終わる!?、3位は「シャドウバース」死のデッキ破壊ヴァンプでボッコボコ☆
「HIT」豪華声優陣で彩られたARPG!、「実況パワフルサッカー」サッカー選手を育成するやり込みシミュレーション、「エンドライド」物語性をがっつり味わえるアニメ×ゲームの融合RPGなど、12月3日~9日のニュース&まとめ記事を振り返り
猫がうさぎに大変身!猫専用のかぶりもの「かわいい かわいい ねこうさぎちゃん」が新登場

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加