最新ランキングをチェックしよう
日経平均は小幅続伸、上値の重さよりも底堅さが意識されやすい

日経平均は小幅続伸、上値の重さよりも底堅さが意識されやすい

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/18

株式会社フィスコ
 日経平均は小幅に続伸。23.88円高の16924.00円(出来高概算7億6000万株)で前場の取引を終えている。米株安のほか、円相場がやや円高に振れていること、原油相場が続落で節目の50ドルを下回っていることも利食いに向かわせる要因となり、日経平均は反落で始まった。その後16844.17円まで下げ幅を拡大させる局面もみられたが、5日線処での底堅さが意識されるなか、上昇に転じてい

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東芝が上場廃止をすると、日本経済には一体どんな影響があるのか
「最も働きたい企業」1位に選ばれたのは?
シチズン、限定5セットの「Eco-Drive One」を4月20日に発売
カメラのキタムラ129店閉鎖の衝撃。街の写真屋を殺したのは誰か
セブン店舗、従業員募集で「ノルマ罰金無し」明記 「当たり前だろ」「吹っ切れたか!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加