最新ランキングをチェックしよう
日経平均は小幅続伸、上値の重さよりも底堅さが意識されやすい

日経平均は小幅続伸、上値の重さよりも底堅さが意識されやすい

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/18

株式会社フィスコ
 日経平均は小幅に続伸。23.88円高の16924.00円(出来高概算7億6000万株)で前場の取引を終えている。米株安のほか、円相場がやや円高に振れていること、原油相場が続落で節目の50ドルを下回っていることも利食いに向かわせる要因となり、日経平均は反落で始まった。その後16844.17円まで下げ幅を拡大させる局面もみられたが、5日線処での底堅さが意識されるなか、上昇に転じてい

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
米運用大手キャピタル、倫理規定でICOへの投資を禁止【フィスコ・ビットコインニュース】
「変なホテル」都心に続々 「いずれは完全無人化も」
阪急、きっぷ式回数券の発売を終了へ カードから引き換えた回数券の期限は「当日のみ」に
三菱 デリカ 50周年...初代はトラック派生、乗用は3列シート[写真蔵]
生保、外債投資を継続=低金利で国債抑制-18年度運用計画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加