最新ランキングをチェックしよう
日経平均は小幅続伸、上値の重さよりも底堅さが意識されやすい

日経平均は小幅続伸、上値の重さよりも底堅さが意識されやすい

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/18

株式会社フィスコ
 日経平均は小幅に続伸。23.88円高の16924.00円(出来高概算7億6000万株)で前場の取引を終えている。米株安のほか、円相場がやや円高に振れていること、原油相場が続落で節目の50ドルを下回っていることも利食いに向かわせる要因となり、日経平均は反落で始まった。その後16844.17円まで下げ幅を拡大させる局面もみられたが、5日線処での底堅さが意識されるなか、上昇に転じてい

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【徹底調査】人口減少ニッポン・あの大企業はどうやって生き残るか
加熱式たばこ首都圏決戦 JT、銀座に専門店 通販も再開
NECお前もか。なぜ日本の大手メーカーが相次いで凋落するのか?
東海道・山陽新幹線の次期車両「N700S」内外装のデザイン決定 なぜこんなに複雑?
鴻海との提携が生んだ初めての家電、1.5kgの超軽量掃除機シャープ『RACTIVE Air』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加