[vol.18] 誰とも比べられない存在感を持つ ティルダ・スウィントンの魅力とは

[vol.18] 誰とも比べられない存在感を持つ ティルダ・スウィントンの魅力とは

  • SPUR
  • 更新日:2016/10/17

昔からアンジェリカ・ヒューストンやシガニー・ウィーバーなどのデカくて強い女優が好きだ。彼女たちが、大柄なのに繊細な演技をすると、ことのほか心に沁み入る気がしたものだ。ティルダ・スウィントンもまた180センチはあるデカい女優で、デレク・ジャーマン監督の『カラヴァッジオ』(‘86)でデビューして依頼ずっと注目してきた。アメリカ女優のアンジェリカやシガニーのようなユーモアには欠けるが、ティルダのどこかアンドロジナスな魅力は唯一無二な存在感。ちょっとクセのある洋服もアート感のあるモードな雰囲気で着こなしてしまう。彼女は今55歳だが、あのマスカラのない目と最低限のメイクで洋服に負けずに十分に持ってしまう天然の美しさは、かなり特殊だ。

No image

『胸騒ぎのシチリア』(11/19日本公開)でティルダはロック歌手に扮していているのだが、私は彼女のバカンスファッションに見とれてしまった。シンプルなシャツドレスやTシャツをすとんと着ただけで、これほど絵になる女優がいるだろうか。いや、ティルダの場合、洋服がシンプルであればあるほど彼女の彫刻然とした気高い美が際立ってくるのだ。作中、彼女はラフ・シモンズがティルダのためにデザインした2着の衣装を着用している。そのうちの1着がイラストで描いた白のジャンプスーツ。パンツ部分がたっぷりとした幅広で、背中は大きく開いている。ダイナミックだが同時にエレガントでセクシーなルックは、ティルダの個性に合わせて計算し尽くされた秀逸なデザインだ。夜の祭りに繰り出すこの衣装のティルダは、一見の価値ありだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あのM-1芸人、不倫&調子に乗りすぎで芸能界を干される危機か...先輩芸人から反感
高須院長の“ラーメンの食べ方”に衝撃走る
星野源『逃げ恥』着用シャツが注文15倍増「“キムタク着用”の売れ方とは違う」
松本人志 元ほっしゃん。引退騒動に「名前変えた頃からおかしかった」
伊野尾慧、大失態の連発で「JUMPゴリ押し」終了の現実味
  • このエントリーをはてなブックマークに追加