京都MF山瀬、ブログで退団報告 今季34試合7得点も戦力外に「非常に残念」

京都MF山瀬、ブログで退団報告 今季34試合7得点も戦力外に「非常に残念」

  • サッカーキング
  • 更新日:2016/12/01
No image

2013年から京都でプレーするMF山瀬 [写真]=Getty Images

京都サンガF.C.に所属するMF山瀬功治が、自身のブログ(http://ameblo.jp/miraclekoji/)で今季限りで退団することを報告した。

現在35歳の山瀬は2000年にコンサドーレ札幌に入団。浦和レッズ、横浜F・マリノス、川崎フロンターレを経て、2013年に京都に加入した。2014年に主将を任されるなど、4シーズンでJ2リーグ128試合に出場。今季も2016明治安田生命J2リーグで34試合7ゴールをマークし、11月27日に行われたJ1昇格プレーオフ準決勝セレッソ大阪戦にも先発出場していた。

山瀬は11月30日の18時過ぎに自身のブログを更新。「ご報告」と題し、「昨晩チームから連絡があり、来シーズンの契約を更新しない事を伝えられましたので、非常に残念ではありますが今シーズン限りでチームを去る事となりました」と、退団することを伝えた。

また、「本日、チーム側に詳しい話を聞きに行きましたが、来シーズンのチーム編成を考える中で、様々な観点からチームの事を考えた所、構想外になったという点。また、今シーズンの僕自身のプレーに対するチーム側からの評価の部分においても戦力外になったという事を聞かせて貰いました」と、退団の理由についても触れた。

最後に、「もちろん一選手として思う事は色々とありますが、これがプロの世界だと思いますし、チームからくだされた判断をプロサッカー選手としてしっかり受け止めるしかないと思っています。4年間支えて下さったサポーターの皆さんには、また後日感謝の思いを書かせて頂きたいと思っていますが、まずは取り急ぎご報告させて頂きました」と綴った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
J2松本の反町監督は続投「チャレンジを」
ゲキサカ秘蔵写真[2009.12.5]内田篤人(鹿島)
【蹴球日本を考える】なぜ浦和は“勝負弱い”ままなのか?
岩政「岡山で2年間でやり切った」...現役引退にも含み「いろいろと考えたい」
ケンペス夫人が亡き夫の古巣を祝福「オメデトウ、セレッソ大阪J1」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加