マインツ武藤嘉紀が先制弾も...2点リードから逆転負け。2018年は黒星スタート

マインツ武藤嘉紀が先制弾も...2点リードから逆転負け。2018年は黒星スタート

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/01/14
No image

マインツに所属する武藤嘉紀【写真:Getty Images】

【ハノーファー 3-2 マインツ ブンデスリーガ第18節】

現地時間13日にブンデスリーガ第18節の試合が行われ、マインツはハノーファーのホームに乗り込んで対戦。

マインツに所属するFW武藤嘉紀は前節に引き続き先発出場を果たした。試合開始して19分、ハノーファーのヴァルデマー・アントンに至近距離から強烈なヘディングシュートを打たれたが、マインツのGKロビン・ツェントナーが素早く反応して相手に得点を許さず。

対するマインツも21分、ロビン・クアイソンがシュートを放ってハノーファーのゴールを脅かす。しかし、ハノーファーのGKミヒャエル・エッサーに防がれ先制点とはならなかった。それでも27分、武藤がゴール前でパスを受け取り左足一閃。2018年初戦で今季公式戦6点目のゴールを決めている。

続く31分にはフリーキックからアレクサンダー・ハックがヘディングシュートを叩き込み追加点。しかし、33分にハノーファーのニクラス・フュルクルクに1点を返されると、38分にもPKからフュルクルクに2点目を許し同点に追いつかれてしまう。

さらに75分、ゴール前のこぼれ球をフュルクルクに押し込まれ逆転ゴールを決められた。同時にフュルクルクはハットトリックを達成している。結局、マインツは再びゴールを奪うことは出来ず2-3の逆転負けを喫している。リーグ後半戦に突入した2018年は黒星スタートとなった。

【得点者】
27分 0-1 武藤(マインツ)
31分 0-2 ハック(マインツ)
33分 1-2 フュルクルク(ハノーファー)
38分 2-2 フュルクルク(ハノーファー)
75分 3-2 フュルクルク(ハノーファー)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
張本氏は問題発言連発!?関口宏がズバリ指摘
本田圭佑、ピッチ乱入の少女に“神対応” 現地メディア絶賛「なんて素晴らしい振る舞いだ!」
マラソンでゴール目前の選手が倒れる→後ろの女子高生ランナーが抱きかかえてゴール、優勝を手助けする
【セルジオ越後】なぜ批判されるのか? 齋藤学に怒りの矛先を向けるのはお門違いだよ
U-23アジア選手権に波乱! 若年層からの強化が進むベトナムが快進撃で決勝へ!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加