「気狂いピエロ」「勝手にしやがれ」ゴダール監督作2本を早稲田松竹で上映

「気狂いピエロ」「勝手にしやがれ」ゴダール監督作2本を早稲田松竹で上映

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2019/03/15

「ジャン=リュック・ゴダール監督特集」が、明日3月16日から22日まで東京・早稲田松竹で開催される。

No image

「気狂いピエロ」 (c)StudioCanal

すべての画像を見る(全8件)

No image

この企画では「気狂いピエロ」と「勝手にしやがれ」を2本立てで上映。「気狂いピエロ」は、35歳のジャン=リュック・ゴダールが長編10作目として発表した作品で、ジャン=ポール・ベルモンドアンナ・カリーナが共演した。結婚生活に退屈していた主人公が、元恋人との再会をきっかけに破滅へ向かっていく姿が描かれている。

No image

「勝手にしやがれ」は、ゴダールにとって最初の長編作。自動車泥棒の常習犯にベルモンド、記者志望のアメリカ人留学生にジーン・セバーグがキャスティングされた。警官を殺してしまった主人公とそのガールフレンドの逃走劇を映した本作は、1960年のベルリン国際映画祭で監督賞を受賞している。

今回上映される作品はいずれもデジタルリマスター、寺尾次郎新訳版。

早稲田松竹クラシックスvol.144 ジャン=リュック・ゴダール監督特集

2019年3月16日(土)~22日(金)東京都 早稲田松竹
<上映作品>
「気狂いピエロ」デジタルリマスター版
「勝手にしやがれ」デジタルリマスター版
料金:一般 1300円 / 学生 1100円 / シニア、小学生 900円

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
のんが『この世界の片隅に』のすずさんに! 世界観を完全再現したグラビアが『映画秘宝 5月号』に掲載されてるよーっ!!
本広克行×木崎文智×宮野真守!「人間失格」大胆アレンジでアニメ化
「サマーウォーズ」10周年プロジェクト“UP DATE”始動!
お固いはずのベトナム映画が描く“新妻不倫エロス”の衝撃!『漂うがごとく』
安田顕インタビュー「あえて悪人を演じる必要はない」『連続ドラマW 絶叫』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加