ロッテ伊東監督が今季で辞任「ファンの人を失望」

ロッテ伊東監督が今季で辞任「ファンの人を失望」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15
No image

ロッテ伊東勤監督(17年6月18日撮影)

ロッテ伊東勤監督(54)が13日、今季限りでユニホームを脱ぐ意思を明かした。

この日の西武戦(ZOZOマリン)の試合前練習後、自ら話した。5日の楽天戦(Koboパーク)の試合後、球団幹部と食事をして、自ら辞意を伝え、了承されたという。

「ファンの人を失望させた。現場の責任。ずっと覚悟はしていた。性格的に、途中で投げ出すのは嫌。休養して、次の代行に迷惑をかけたくない」と、今季最後まで指揮は執るつもりだ。さらに「歴史的に、これだけ負け続けていたら。それが一番の理由」と説明した。前日までで借金34の最下位。同35となれば、球団最多タイとなる。

なお、オールスター前から辞意を固めていたそうだが、球宴にはコーチとして出場するため、明かさずにいたという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
仙台育英、九死に1勝!背番16・馬目が“控えの意地”で決めた
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
天理、快勝も最後は冷や汗 中村監督「まさかここまで」明豊の粘りに脱帽
鳥谷敬の三塁コンバートは成功したのか...データで見る昨季との貢献度の差
あの宇部商「サヨナラボーク」の真実を、捕手・上本達之が明かす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加