iiyama PCから3ds Max向けデスクトップPC、CGゼネラリスト田代恭規氏監修

iiyama PCから3ds Max向けデスクトップPC、CGゼネラリスト田代恭規氏監修

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/12/06
No image

ユニットコムは12月6日、「iiyama PC」ブランドの「SENSE∞」より、3ds Maxゼネラリスト向けPC「CGWORLD×ELSA×SENSE∞」コラボレーションモデル3機種を発売した。価格は215,978円から(税込)。

○SENSE-RA37-LCi7K-RNS-CMG

「SENSE-RA37-LCi7K-RNS-CMG」は、CGゼネラリストとして活躍する田代恭規(タシロヤスノリ)氏監修のもと開発されたデスクトップPCのスタンダード Aモデル。価格は215,978円(税込)。

統合型3DCG編集ソフト「3ds Max」が快適に動作するよう構築されており、モデリング / アニメーション / レンダラーなどの処理を快適に行える。スタンダードモデルは、コストパフォーマンスを重視しており、田代恭規氏のワークフローを基にしてあらゆるCG編集作業に耐えられるよう構築されているという。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-8700K(3.70GHz)、チップセットがIntel Z370、メモリがDDR4-2400 32GB(16GB×2)、ストレージが480GB SSD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)、光学ドライブはDVDスーパーマルチなど。OSはWindows 10 Home 64bit。

インタフェースはGigabit Ethernet対応有線LAN×1、USB 3.0×4、USB 2.0×2、HDMI×1、DVI-D×1、DisplayPort×1など。本体サイズはW190×D485×H424mm。

○SENSE-RA29-LCi7SX-RNS-CMG

「SENSE-RA29-LCi7SX-RNS-CMG」は、スペックをより向上させたスタンダード Bモデル。価格は262,418円(税込)。

CPUがIntel Core i7-7800X(3.50GHz)に、チップセットがIntel X299に、メモリがDDR4-2400 64GB(16GB×4)に変更されている。このほかの仕様はほぼ同等。

○SENSE-RA29-LCi9SX-VNX-CMG

「SENSE-RA29-LCi9SX-VNX-CMG」は、「NUKE」や「Phoenix FD」なども動作するように構築されたハイエンドスペックのアドバンスドモデル。価格は615,578円(税込)。

主な仕様は、CPUがIntel Core i9-7960X(2.80GHz)、チップセットがIntel X299、メモリがDDR4-2400 128GB(16GB×8)、ストレージが1TB M.2 NVMe SSD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080(8GB)となっている。このほかの仕様はほぼ同等。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃】現役NASA宇宙飛行士「月に行く技術はもうない、不可能」と爆弾証言! 有人月面探査の真実とは?
2018年は業界の垣根を越えた「AI維新」時代の幕開けの年に
『Xperia XZ1』の変わらぬ見た目と、驚くほど進化した中身
ネットユーザーが「完全無料化」を望むものTOP5
スマートスピーカーを安易にプレゼントしないほうが良い理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加