メダル期待のリレー 予選は多田、飯塚、桐生、ケンブリッジの順

メダル期待のリレー 予選は多田、飯塚、桐生、ケンブリッジの順

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13
No image

男子400メートルリレー予選 ゴール後に順位を確認する(左から)ケンブリッジ、桐生、飯塚、多田=ロンドン(共同)

「陸上・世界選手権」(12日、ロンドン競技場)

男子400メートルリレー予選が行われる。予選1組に登場するリオデジャネイロ五輪銀メダルの日本は、日本陸連の公式ツイッターがオーダーを発表し、1走が多田修平(関学大)、2走が飯塚翔太(ミズノ)、3走が桐生祥秀(東洋大)、アンカーがケンブリッジ飛鳥(ナイキ)で臨む。

200メートルで史上最年少で決勝に進んだサニブラウン・ハキーム(東京陸協)が右太もも裏を痛めたため、欠場を余儀なくされた日本。強豪・米国、英国を相手に予選突破に挑む。

リレーが現役最後のレースとなるウサイン・ボルトを擁するジャマイカは2組。各組上位3位までと、それを除くタイム上位2チームが、現地時間同日夜(日本時間13日早朝)の決勝に進む。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
まさかの全員一致?! 芸能人たちの“大嫌いなリポーター”が明らかに!
言葉だけで彼が燃えちゃう...エッチのとき言いたい必殺セリフ3選
イッテQも!?「ロケ中止」の裏事情とは
小嶋陽菜とたんぽぽ川村が“完全に一致”
スマホを持たない女子高生が触っていたものは? 「切なくて泣きそうになった」「数年前までやっていた」と共感集まる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加